2021/09/14 新車

トヨタ新型SUV「カローラクロス」日本発売…海外仕様と顔が違った。価格は200万円切りからスタート

●グリル含め顔まわりが専用デザイン!

トヨタは9月14日、新型カローラ クロスを発表、同日より発売した。パワートレーンは1.8Lハイブリッドと1.8Lガソリンの2機種。ハイブリッド車には4WDも設定。価格は、ハイブリッド車が259万〜319万9000円。ガソリン車は199万9000〜264万円。

【画像】日本版はタイ仕様と顔が違う…カローラクロス

■カローラ待望のSUV



SUV人気はとどまることを知らない。ついにカローラにもSUVが誕生した。その名も「カローラ クロス」。カローラ史上、初のSUVだ。



カローラは1966年の初代登場以来、時代と人々のニーズに寄り添いモデルラインアップをそろえてきたグローバルモデル。セダン、ワゴン、ハッチバック、クーペなどボディタイプはさまざまだったが、今時代はSUV。現代の購買層が求めるクルマの姿にトヨタが応じたわけだ。

カローラ クロスはすでに2020年7月からタイに投入されているモデルで、現地では大人気になっているという。ネーミングこそ同じだが、じつはタイ仕様と日本仕様は細部が異なる。その詳細は後述する。

カローラシリーズは150以上の国と地域で発売され、21年7月にはグローバル累計販売5000万台を突破したビッグネーム。現行型から日本でもようやくグローバルモデルと同じプラットフォームを使うようになった。トップバッターであるハッチバックのカローラ スポーツは、全幅1790㎜と世界共通のワイドボディを採用。続いて登場したセダンとワゴンは、購入層を意識してわざわざナロー仕様(1745㎜)に変更。このきめ細やかさはさすがだ。

しかしカローラ クロスは、フェンダープロテクターなどでさらにワイドな全幅1825㎜。つまり、カローラシリーズのなかで、もっとも幅広でどっしりとしたスタイルを持つモデルなのだ。クロスオーバーながら、SUVらしい雰囲気もしっかり表現できている。満を持して、激戦区に“クロス”で参戦する。

ドライバーWeb編集部