2021/09/10 新車

スバル、新型WRXを米国で世界初公開。2.4Lターボで武装。まずは2022年に米国で販売予定

スバルは2021年9月10日、新型「WRX」を米国で世界初公開。2022年より米国で販売を開始する予定だ。



「WRX」は高出力パワーユニットを搭載する、スバルが誇るスーパースポーツモデル。初代となるインプレッサWRXが1992年に登場して以来、実用性を備えながらも圧倒的なスポーツ性能を持つパフォーマンスカーとして多くの人に支持されてきた。

今回お披露目された新型「WRX」は、4世代にわたって受け継いできたWRXらしさを継承しつつ、さらなる高みを目指し、パフォーマンスカーの価値や実用的なセダンとしての価値を進化させたという。

気になるパワーユニットは、2.4L水平対向4気筒直噴ターボを搭載する。ドライバーの意志に瞬時に応える応答性と加速性能が特徴だ。スバルグローバルプラットフォーム(SGP)とフルインナーフレーム構造で高剛性化したボディとシャシーをWRXとして初採用。走りと動的質感を飛躍的に進化させた。

また、トランスミッションは6速の手動変速機と、新制御ソフトウェアで変速レスポンスを革新的に高めた「Subaru Performance Transmission」と呼ぶ自動変速機を設定。好みに応じてクルマのキャラクターを大きく変えられるドライブモードセレクトや、「Subaru Performance Transmission」には新世代アイサイトを新たに採用し、さらなる安心を提供する。

新型「WRX」は、非日常を感じられる運転の愉しさだけでなく、安心してドライブを楽しめる安全性と、日常の使い勝手のよさを兼ね備えた、全方位抜かりなしのパフォーマンスカーとして生み出されたのだ。

 
公開された新型「WRX」の米国仕様を詳しく見ていこう。

ドライバーWeb編集部