2021/09/02 新車

北米仕様とは顔が違う!スバル新型レガシィ アウトバックの先行予約受け付けを開始。1.8L直噴ターボやアイサイトXを搭載

スバルは2021年9月2日、フラッグシップSUV「レガシィ アウトバック」の国内仕様を初公開し、同日より先行予約受け付けを開始した。発売は2021年10月17日で、価格は未公表。

OUTBACK
●XブレイクEX(左)とリミテッドEX(右)

新型レガシィ アウトバックは、上質感を演出する「リミテッドEX」と、よりアクティブ感を強めた「XブレイクEX」の2グレード構成で、これは先代モデル同様の展開。1.8L水平対向4気筒直噴ターのエンジンの搭載や、渋滞時ハンズオフアシスト機能などを備えた高度運転支援システム「アイサイトX」を標準装備するのがトピックだ。

ちなみに、国内ではスバルの旗艦モデルに位置づけられる新型「レガシィ アウトバック」だが、すでに北米では2019年夏に発売、2021年春にはオセアニア地域での販売を開始。ヨーロッパでも展開をしており、いわば後発のデビューとなる。

ではさっそく国内販売モデルをチェックしてみよう。 

OUTBACK

北米仕様とは違う、最新スバルデザインを採用

ボディサイズは先代と比べて50mm長く、35mm広い、全長4870mm×全幅1875mm。
全高はリミテッドEXが1675mm(先代比+70mm)、XブレイクEXが1670mm(同+10mm)。最低地上高は213mm(社内測定値)と13mm高められている。(いずれも認可前の開発目標値)

まず目を引くのが外形デザインで、先代モデルよりもグッとSUVテイストを強めたところだろう。北米仕様とは違い、オセアニア仕様をベースとした意匠が与えられるのにも注目だ。

OUTBACK

フロントフェイスはアッパーグリルを起点にエッジが放射状に後方へ広がる最新スバルデザインを踏襲。現行型レヴォーグの「ダイナミック×ソリッド(DYNAMIC × SOLID)」を進化させた「ボールダー(BOLDER)」に近いイメージだ。

OUTBACK
OUTBACK

ヘッドライトはステアリング連動のフルLED式。フォグランプは丸型6連LEDで、これは先に大幅改良されたフォレスターのXブレイクのものと同形状。リヤコンビランプもLED式だ。

OUTBACK

前後バンパー下部にはアンダーガード風の意匠が与えられるとともに、前後バンパーサイドやフェンダー、サイドシルには躍動感のあるクラッディングが装着され、タフさをアピール。全グレードにしっかりとしたルーフレールを装備する。

これらを基本として、メッキやシルバー塗装が施され上質感を演出するリミテッドEXと、ブラックカラーで引き締めたうえでアクセントカラーとしてエナジーグリーンをあしらいアクティブ感を演出するXブレイクEXとで、それぞれ異なるイメージが付与される。

両グレードの外観上の違いは以下のとおりだ。
 

OUTBACK
OUTBACK

上質感に磨きをかけたリミテッドEX

[リミテッドEX]
〈エクステリア〉
・フロントグリル(ベース+加飾):ブラック塗装+メッキ
・フロントフォグランプカバー:メッキ加飾付き
・ドアハンドル:メッキ加飾付き
・ドアミラー:カラード
・フロント・リヤバンパーガード:シルバー塗装
・OUTBACKロゴカラー(フロント・サイド):シルバー
・リヤエンブレム:メッキ
・ルーフレール:クロスバービルトインタイプ、シルバー塗装
・ルーフアンテナ:カラード
・18インチアルミホイール:ダークメタリック塗装+切削光輝
・タイヤサイズ:225/60R18

OUTBACK
OUTBACK
OUTBACK

 


OUTBACK
OUTBACK

タフなSUVルックのXブレイク

[XブレイクEX]
〈エクステリア〉
・フロントグリル(ベース+加飾):ブラック塗装+ラスターブラック塗装
・フロントフォグランプカバー:ブラック塗装加飾付き
・ドアハンドル:カラード
・ドアミラー:ブラック塗装
・フロント・リヤバンパーガード:ブラック塗装
・OUTBACKロゴカラー(フロント・サイド):エナジーグリーン
・リヤエンブレム:ラスターブラック塗装
・ルーフレール:ラダータイプ、ブラック塗装/エナジーグリーン
・ルーフアンテナ:ブラック塗装
・18インチアルミホイール:ダークメタリック塗装
・タイヤサイズ:225/60R18

OUTBACK
OUTBACK
OUTBACK

 

ドライバーWeb編集部