2021/04/25 モータースポーツ

【WRC 2021 第3戦】勝田貴元が2つのステージウインを奪う! トヨタは1-2体制で最終日へ【クロアチア・ラリー Day2】

●TGRのセバスチャン・オジエが総合首位に浮上 ©️Redbull



■タカが魅せた! 2本のロングステージでベストタイム!


この日もっとも嬉しいニュースは、勝田貴元がSSベストを2本もマークしたことだ。ベストタイムをとるのは昨季最終戦ラリー・モンツァの最終ステージ以来。ロングステージのSS10とそのリピートのSS14でそれぞれベストタイムをとるということは、本当の意味での速さと強さがないとできないことだ。若武者の実力が、すでにトップクラスとなっていることの証明とも言えるだろう。なお、勝田がマークしたこの2本のベストも含め、TGRはこの日SS8本中7本でステージウインを飾った。

クロアチア
●ロングステージでベストタイムを出すことは、実力がある証拠。若武者勝田の今後が楽しみだ! ©️TGR

TGR勢がやや有利な体制で迎える最終日は、このラリー最長25.2kmの超ロングステージが待ち受ける。SSの数は4本だが、気が抜けない状況は続く。はたして、優勝は誰の手に?


<文=ドライバーWeb編集部・青山>




クロアチア


ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING