2021/03/22 モータースポーツ

一旦は開発凍結も…攻めたホンダF1の新しい内燃エンジン。浅木PU開発責任者に聞いた

このまま結果を出さずには終われない



いよいよ開幕が目前に迫った2021年のF1世界選手権。注目はやはり何と言っても、今年限りで撤退するホンダが、レッドブルとともにチャンピオンを勝ち取れるのかというところだろう。先日行われたプレシーズンテストでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペン選手は最終日にトップタイムを記録。しかも、2番手にはアルファタウリからデビューする久々の日本人フルタイムF1ドライバー、角田裕毅選手が続いたのだから期待は高まる。

そんななか、ホンダはF1パワーユニット開発を指揮する本田技術研究所 HRD Sakura センター長 兼 F1プロジェクトLPL、浅木泰昭氏による技術説明会、そしてオンラインインタビューセッションを設定してくれた。ここで聞きたかったのは、まずは今年のPUについて、その性能、そして自信のほど。もうひとつは、少々気が早い話になるが、F1撤退後のホンダの話である。

すでに各所で語られていたとおり、2021年シーズンを戦うPUは、ICE(内燃エンジン)含めて完全な新開発となる。このPUは、コロナ禍でホンダとして収益が見通しにくいなか、一旦は開発予算削減のため開発が凍結されていたのだという。

「ですが2021年で撤退することが発表されて、八郷社長に『このまま結果を出さずには終われない』と言って認めてもらって、何とか間に合わせることができました」

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING