2021/04/24 モータースポーツ

【WRC 2021 第3戦】選手権リーダーが壮絶なコースアウト! ヒョンデのヌービルがトップ、トヨタが2−3位につける【クロアチア・ラリー Day1】

●コースサイドの斜面を転げ落ち木で止まった、K・ロバンペラのヤリスWRC。とにかくクルーの2人が無事でよかった ©︎Redbull




WRC 2021 第3戦

第1回 クロアチア・ラリー 2021

日時:4月23~25日

サーフェイス:ターマック
SS
総走行距離:300.32km(SS数20)

サービスパーク:ザグレブ


【画像ギャラリー】WRC第3戦Day1 無事でよかった!壮絶クラッシュのヤリスWRC

シーズン第3戦のクロアチア・ラリーが2021年4月23日からスタート。8つのSSを走り、ヒョンデのティエリー・ヌービルがトップに立った。2位と3位にはTGR(トヨタGAZOOレーシング)のセバスチャン・オジエとエルフィン・エヴァンスがつけている。

クロアチア
●デイ1を首位で終えたヒョンデのティエリー・ヌービル ©︎Redbull

約2ヶ月のインターバルを経た2021年シーズンのWRCは、初開催のクロアチアから再開された。今季初のオールターマックラリーとなるクロアチアは、WRCとしては初開催だが、ERC(ヨーロッパ選手権)の1戦としても知られ過去40回以上開催されている、歴史のあるラリーだ。

クロアチアの首都ザグレブを拠点として、その西側に広がる自然保護公園のジュンベラク・サモボル山脈や、美しい景色が広がる田園地方を走るルートが設定され、SS総数は20。スムーズな路面と、摩耗で凸凹した路面が混在し、速度域は高いステージが多いようだ。

デイ1は4つのステージを午前と午後で2回ずつ走る、8つのSSで争われる。SS2と6は、23.76kmのロングステージが待ち受ける。天候は快晴で、朝の気温は11℃だ。


ドライバーWeb編集部・青山

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING