2021/04/05 新車

新型GR 86世界初公開!スバルBRZとどこが違う?

●GR86(上)/BRZ(下)

ボディサイズは初代とほぼ同じ



4月5日、TOTOTA GAZOO Racing(TGR)から「GR 86」が世界初公開となった。同時に、スバルは2020年11月にお披露目した北米仕様のBRZに続いて、今回は日本仕様を公開。発売日はGR 86が今秋、BRZは今夏を予定している。

初代86/BRZは2012年にデビュー。トヨタとスバルが共同で開発したコンパクトFRスポーツだ。今回、初のフルモデルチェンジとなったわけだが、コンパクトかつ軽量、4人乗り、そして駆動方式はFRと基本路線は変わっていない。企画はトヨタ、生産はスバルという大きな枠組みも継承されている。


●GR86(左)とスバルBRZ

ボディサイズは両モデル共通で、全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm(ルーフアンテナを除くと1285mm)、ホイールベースは2575mm。全長とホイールベースがわずかに拡大、ルーフ高は5mm下がった程度。ほとんど初代と同じサイズ感を維持している。

ドライバーWeb編集部