2020/09/18 コラム

スバル360を劇的に進化させたスバルマチック…って何だ?【東京オリンピック1964年特集Vol.23】

●写真は1958年デビュー当時

前回オリンピック開催年、1964年を振り返る連載23回目は、driver1964年9月号に掲載した「スバル360」に関して。

※該当記事はページ最下部



スバル360に「スバルマチック」が搭載された



新型コロナに翻弄されながら2020年も9月。本来の日程ならパラリンピックが大詰めを迎えているころだ。

初めて東京オリンピック・パラリンピックが開催された1964(昭和39)年のdriver誌9月号。これまでにも増して華やかな外国車の登場が目立つなか、くしくも日英独それぞれを代表する偉大な大衆車が顔を揃えている。

まず日本。マイカーという庶民の夢をいち早くかなえた、スバル360だ。



発売は1958(昭和33)年。driver誌が創刊した当時で、すでに6年が経過している。その間、富士重工(現スバル)が初めて世に送りだしたこの軽乗用車は、毎年(時には半年ごと)にわたって目まぐるしい改良が行われ、メカニズムから内外装の細部に至るありとあらゆるところが見直されている。



9月号に登場したのは、7月に発売された新開発「スバルマチック」搭載の改良モデル。8月号の紹介記事に続き、3名の著者による定例の「国産車試乗リポート」でその実力が報告されている。今回の一般ユーザー代表は、漫画家の山根青鬼氏。あとはレギュラーメンバーである工業デザイナーの浜素紀氏、driver誌記者の熊谷勲夫氏だ。

自動車で「何とかマチック」というと、今ではすぐに駆動系やサスペンションが思い浮かぶかもしれない。しかし、スバルマチックはエンジン技術だ。

完全分離潤滑方式。スバル360が空冷の2ストローク(サイクル)エンジンだったと言えば、察しがつく人も多いだろう。

エンジンオイルをガソリンに混合するのではなく、オイルタンクからクランク軸に直接給油。「分離潤滑となると、モーターサイクルのヤマハに次いで、世界で2番目のもの。4輪車では第1号となった」(熊谷氏)という、じつに画期的な新技術だったのである。

当時、軽乗用車で4ストロークを採用したのは、R360クーペやキャロル(連載第18回)を擁した東洋工業(現マツダ)だけ。スバル360以外にもスズライト フロンテや三菱ミニカと、構造がシンプルで動力性能に有利な2ストローク車が主流を占めていた。ホンダは日本初のDOHC搭載車(当然4スト)、T360を前年の63年に発売していたが、S360が幻となり軽の乗用車市場にはまだ参入していない(連載第2回に関連)。

ちなみに「~マチック(MATIC)」の意味を調べてみると、「~のように作用する」とか「~の機構を持つ」ということらしい。自動的に作用するから、オートマチック。そういえば、現行車ではトヨタの「バルブマチック」もエンジン技術だ。
スバルマチックのメリットは多岐にわたった。
まず、排ガスの白煙が解消。オイルをガソリンといっしょに燃やして発生する白煙は、混合燃料の宿命だった。言わば垂れ流し状態だったオイルの消費量も大幅に低減。

燃料からオイルという不純物がなくなったことで、燃焼効率も向上する。動力性能については、オイルポンプを駆動するロスはあるものの、従来の18馬力から20馬力にパワーアップ。90㎞/hだった最高速度は、ついに100㎞/hへと到達した。

オイルの燃えカスなどによる点火プラグの汚れが大幅に低減するのも、燃焼効率アップの一因。オイルのみで潤滑するため、信頼・耐久性の向上ももちろんだ。

スバルマチックの実力は、じつは正式発表前に日本中が注目する大舞台で実証されていた。5月の第2回日本GP(連載第10回)のT-Ⅰクラスに出場したスバル360はこのエンジンを搭載し、見事1-2フィニッシュを飾っていたのだ。

さらには、ドライバビリティもアップ。
「2サイクル車で長い下り坂をエンジンブレーキで降りる際に、時々クラッチを切り、空ぶかしをしてシリンダー内にオイルを流さなければならない短所が解決されました」(山根氏)

筆者は2ストの原付を短期間所有したことがあるものの、これは寡聞にして知らなかった。アクセルオフでは混合燃料が供給されないため、クランクやシリンダーなどが潤滑されない。その状態が続くと回転部や摺動部が焼きつくおそれがあるため、下り坂でもアクセルを踏んでやる必要があった。減速が必要な場合には、クラッチを切りヒール&トゥでアクセルをあおりながら坂を下ったのだ。

スバルマチックの搭載と同時に、使い勝手などの面もさらに見直された。具体的には、ディマースイッチを足踏み式から手動レバーに変更、ウインカーレバーの自動戻り機能追加、チョークとスロットルの連動化、ワイパーの拭き方向の変更やスタンダード仕様へのダブルワイパー採用、サンバイザーとサイドバイザーの兼用化など。引窓式だったドアウインドーが昇降式なり、ドア上部への雨樋新設やクオーターウインドーの開閉化が行われたのは、前年のことである。

富士重工(当時は富士産業)が戦後まもなく手探りで開発した「ラビット」スクーターのように、まさに4輪のゲタのごとく、簡素を極めた姿で登場したスバル360。それから微に入り細に入り絶え間なく進化を続け、ジドウシャという立派な工業製品へと成長を遂げていく。64年はその道程の、まだ折り返し地点に過ぎなかった。

〈文=戸田治宏〉









ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING