2021/07/16 コラム

マナーが悪い!では片付けられない?トラックドライバーが語る切実なトイレ事情…あのペットボトルの正体

●急な生理現象は誰しも避けられないが

あのペットボトルは避けられない生理現象の産物!?



少し前のことだが、新幹線の運転士が生理現象を催し、運転資格のない車掌に一時運転を預けたことがネットニュースで話題になった。その時の人々の反応は、概ね運転士に同情する声が多く、急な生理現象に備えて管理者側(この場合はJR東海)が何らかの対策を講じるべきだったという声が多かったようだ。ダイヤを乱れさせるわけにはいかないし、線路の上にいる以上、簡単に追い越してもらうわけにもいかない。となれば、資格のあるサブの運転士を同乗させるなどの方策があって然るべきで、筆者も運転士の非の問題ではないと思う。

翻ってトラックドライバーも、当然急な生理現象は避けられず、急にしたくなる時はあるもの。鉄道マンほど大変なことにはならないが、これに対処するにはコンビニのトイレ、公園、道の駅などを利用することになる。でも、どれもが都合よく近場にあるわけではない。サイズのデカい大型トラックならば、トイレに行くたびに停める場所を考えないといけない。駐車・休憩場所に苦労することは以前にも書いているけれど、生理現象は待ってくれない。

郊外の幹線道の脇で、茶色い液体の入ったペットボトルが捨てられているのを見たことがある。小便の用を足すのに使った残骸だと言われているが、筆者には理解できない。実際に中身はそうなんだろうけれど、なぜそんな面倒な容器に詰めるのか? ペットボトルの口はそんなに大きくない。だから、そこに漏らさずに用を足す(尿を入れる)のは簡単ではないと想像する。

気分が悪くなるので詳細は書かないが、どんなドライバーがやって、投棄しているのか? 何人かの同僚にも聞いてみたが、そんなことをしている人間がいなかったのでわからない。しかし、用を足した後のことは想像できる。運転席内にあるその茶色い液体入りのボトル。持ち歩くのも恥ずかしくて煩わしい。そして人気のない道脇に捨ててしまうのだろう。

ドライバーWeb編集部