2020/05/27 コラム

トラックが追い越し車線をひた走ってしまう理由…現役ドライバーの本音

●なぜ追い越し車線を走ってしまうのか

なぜ追い越し車線を走り続けるの?



「うっとうしいなぁ、あのトラック」
「ノロいくせになんで追い越し車線走り続けてるんだ?」

高速道路を走っているとき、一般(普通車)のドライバーならそう思ったことが、一度ならずあるだろう。高速道路の制限速度は、ざっくり言えば大型トラック(車両総重量8トン以上)で80km/h、それ以外の一般車両は100km/h(一部例外あり)と決められているから、大型トラックが追い越し車線に出ること自体どうなのって声もあるだろう(すべてが違反ではないけど)。しかも上記の大型トラックは、90km/hで速度リミッターが効く設定になっている。なのに、なぜ追い越し車線を走り続けるの? そんなよくある疑問というか批判に、トラックドライバーの立場から少し言わせてください。

ご存知のように大型トラックの走る目的は、荷物を運ぶこと。しかも指定の時間に間に合うよう、なるべく効率よく運行したい。また付け加えるなら、運転にストレスや疲れをためずに走りたい。積んでいる荷物を崩すような“急”のつく挙動をしたくないし、無用な変速操作もしたくない(燃費も悪くなるし)。いわば、極力速度変化を少なく、一定速でたんたんと走りたい。でも、なかなかそうは行かない。高速移動できる道路といえども、さまざまな速度で走るクルマが混ざっているからだ。

ドライバーWeb編集部