2021/07/01 コラム

GRヤリスはサブスクで進化する? トヨタとKINTOの新たな取り組み

●つねにアップデート…GRヤリスの驚くべき施策


プロが提案する…あなただけのセッティング



もうひとつのパーソナライズとは、ユーザーそれぞれの走り方や好みに合わせてクルマの特性を変更するというものです。実際、サーキットなどで走りを診断して、それに合わせたセッティングが提案されることになるそうです。


●シートステッチやコイルスプリング、ダンパーなどにROOKIE Racingにちなんだ配色を採用

例として示されたのは「曲がり過ぎて攻められない」という人のパワーステアリングを重めにしたら安心して攻められるようになりタイムアップにつながったという話。現時点では1人のスタッフしか対応できないそうですが、将来的にはAIによる解析なども可能になるかもしれません。更にOTA(オーバー・ジ・エア)でセッティングが可能になれば、サーキットなどでリアルタイムにセットアップを変更するとか、日本全国あるいは世界中でプログラムを実施するなんてことも可能になるかもしれませんね!

大きくこの2点がGRヤリス“モリゾウセレクション”の特徴なのですが、それにしても、なぜこれをKINTOが手掛けるのでしょうか? だって普通に購入した人も、アップデートできたら嬉しいですよね??

ドライバーWeb編集部