2020/10/22 新車

マツダ「キャロル」が、使い勝手を向上させる一部仕様変更を実施

マツダは2020年10月22日、「キャロル」の一部仕様変更を実施し、同日よりマツダ販売店にて発売した。価格は86万3500〜120万100円。

キャロル GS(FF)
●キャロル GS(FF)
 
今回の仕様変更では、「GS」グレードにフルオートエアコンとAM/FMラジオ/CDプレーヤーを追加設定し快適性を向上させたほか、「GL」グレードのドアミラーを電動格納式に変更するなど、使い勝手を向上させた。
 
キャロルは経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS ワイド」に該当する(GLのメーカーセットオプション「セーフティパッケージレス」を除く)。
 

[おもな変更内容]

・「GS」にフルオートエアコン、AM/FMラジオ/CDプレーヤーを設定
・「GX」にメッキバックドアガーニッシュ、AM/FMラジオ/CDプレーヤーを設定
・「GL」に電動格納式リモコンドアミラー(カラード)を設定
・「GS」のボディカラー「ホワイト」を「ピュアホワイトパール」に変更
 

[バリエーション&価格]

〈FF・660ccエンジン・CVT〉
GX:119万3500円
GS:109万7800円
GL:97万9000円
 
〈FF・660ccエンジン・5速MT〉
GF:86万3500円
 
〈4WD・660ccエンジン・CVT〉
GS:120万100円
GL:108万9000円
 
 
〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部