2020/10/22 新車

新型レヴォーグの1.8リットルターボエンジン搭載!スバル フォレスター改良

スバルは10月22日、フォレスターの改良モデルを発表した。



トピックは新型レヴォーグから搭載が始まった新開発の1.8リットルターボエンジンの採用。グレード名は「スポーツ」を名乗る。同グレードは、専用開発のダンパーとコイルスプリングを採用し、SUVでありながら質感の高いスポーティな走りを実現。エクステリアでは、ブラック塗装のフロントグリルやダークメタリック塗装のアルミホイールなどでコーディネート。さらにホールド性の高いウルトラスエード/本革のコンビシートを採用した最上級スポーツグレードだ。





また、2リットルガソリンとモーターを組み合わせた「e-BOXER」搭載グレードを「X-BREAK」や「ツーリング」にも拡大。「X-BREAK」には新制御のモーターアシストe-アクティブシフトコントロールも採用している。

ちなみに従来搭載されていた2.5リットルガソリンエンジンは廃止となった。

さらに今回の改良に合わせてドライバーモニタリングシステムを全グレードに設定、ドライバーが乗り込むとインパネセンターバイザーに内蔵されたカメラがドライバーの顔を認識して、シートポジションやドアミラー角度、空調などを自動的に再現するなど、安全運転を支援するとともに、おもてなしも提供する。

価格は、下記のとおり。
スポーツ(1.8リットルターボ):299万円
アドバンス(2リットル+モーター):287万円
X-BREAK:278万円
ツーリング:265万円

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部