2020/10/15 新車

なんとスズキ初のレーンキープ採用はクロスビーから!

スズキは10月15日、クロスビーの一部仕様変更を発表。価格は180万5100〜220万7700円。

今回の仕様変更では、車線維持支援機能(レーンキープ)を採用したほか、全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)、夜間の歩行者も検知するデュアルブレーキカメラサポートの採用により安全支援技術を充実。「サポカーSワイド」に該当、また「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」となった。



装備面では、パーソナルテーブル(後席左右)やシート座面の撥水加工、防汚タイプラゲッジフロア、ステアリングオーディオスイッチなど採用したハイブリッドMVを新たに設定している。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING