2021/03/04 新車

限定100台の捕まらないクルマ!? 自動運転レベル3実現のレジェンド発表。車内で映像鑑賞や携帯電話を保持した通話もオーケー!

ついに発進!自動運転レベル3のレジェンド。でも100台限定、リースのみだなんて!


2021年3月4日、ホンダは「自動運転レベル3」に適合したホンダセンシング エリートを搭載する新型レジェンドをリリースした。価格は1100万円。グレードは「ハイブリッドEX ホンダセンシング エリート」のみのラインアップで、100台の限定生産となる。リース専用車両で、リース契約・サービスは特定の販売店での対応となる。ちなみに、従来のレジェンド「ハイブリッドEX」グレード(724万9000円:新型車とは375万1000円の価格差)も継続販売する。



20年4月に道路運送車両法の一部が改正。自動運転レベル3車両の販売が可能になり、20年11月に国土交通省から初となる型式指定を取得、その市販車が今回のモデルであり、世界初の自動運転レベル3の車両である。レジェンドが新技術搭載のトップバッターとなったのは、初代から最新の技術を投入するフラッグシップセダンという共通点から。ホンダのチャレンジの象徴だからだという。



日本政府は自動運転のレベルを5つに分類・定義(米国に拠点を置く自動車技術者協議会=SAEに準拠)している。レベル1(運転支援)からレベル2(部分運転自動化)は、運転操作の主体はあくまでもドライバーにあり、システムは運転支援にとどまる。スカイライン(プロパイロット2.0)やレヴォーグ(アイサイトX)はレベル2であり、同一車線内でのハンズオフを可能としている。

レベル3(条件付運転自動化)、レベル4(高度運転自動化)、レベル5(完全運転自動化)は、運転操作の主体がシステムにあり、「自動運転」の領域となる。今回の新型レジェンドは「自動運転レベル3」にあたり、高速道路渋滞時など特定の走行環境条件を満たす限定された領域において、システムが周辺の交通状況を監視するとともにドライバーに代わって運転操作を行うことが可能となる。

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING