2021/02/26 ニュース

新型キャシュカイ搭載!じゃない……日産が発表した熱効率50%を実現可能な次世代e-POWERってどんなもの?

日産自動車(以下日産)は2021年2月26日、シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」の次世代型として開発している発電専用エンジンで、世界最高レベルの熱効率50%を実現する技術を発表。メディア向けにオンライン説明会を開催した。

NISSAN_Future_ePOWER

日産は、2050年までにクルマのライフサイクル(原材料の採掘から生産、使用、使用済み車両のリサイクルや再利用)におけるカーボンニュートラルを実現する新たな目標を掲げている。その目標の達成に向け、まずは2030年代の早い段階で主要市場に投入する新型車をすべて電動車両にすることを目指している。

そこで、日産はリーフや今夏に発売予定のアリアといった電気自動車(BEV)と、エンジンを発電機として活用し、モーターにより駆動するシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」という2本の柱に対しての技術開発に集中して環境負荷低減策を図る。

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING