2020/08/10 モータースポーツ

【まさか勝つとは!】レッドブル・ホンダ、タイヤ戦略でメルセデスに完全勝利! 今後に期待できる理由とは?



大幅に遅れながらも2020年シーズンがスタートしたフォーミュラ1世界選手権(F1)は8月9日に第5戦70周年記念GP(イギリス・シルバーストーン)が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季初勝利を飾った。

マックス・フェルスタッペン

タイヤの摩耗が早すぎる問題


例年以上にメルセデスAMGの強さに圧倒されている、2020年シーズンのF1。だが今回のGPは、これまですべてのレースで勝ってきているメルセデス勢にも弱点があるということを証明したレースとなった。

新型コロナウイルスの影響により開催期間が大幅に短縮されている今シーズンは、2週連続同じサーキットで連戦というパターンが新たに増えた。今週末もそのパターンで先週末にもイギリスのシルバーストーンでレースが行われているが、その際に各チームが問題視したのはタイヤ摩耗の早さだった。

Redbull

前戦のイギリスGPでは、タイヤが音を上げてパンクやバーストしてしまうマシンが続出。勝利したメルセデスのルイス・ハミルトンでさえ、ファイナルラップでフロントタイヤがバーストしてしまうほどであった。


メルセデス勢がまさかの失速


そんな経験も踏まえ同じサーキットで戦う今週末、レッドブルのフェルスタッペンは上位10台中唯一ハードタイヤを選択しスタート。この作戦が大当たりだった。

ミディアムタイヤを選んだメルセデス勢は、予想以上に早く進むタイヤの摩耗に苦戦。グリッド1-2番手からスタートしたにもかかわらず、4番手からスタートしたフェルスタッペンに10周も満たないうちに追いつかれてしまう。

フェルスタッペン

タイヤが持たなくなった首位のバルテリ・ボッタスは13周目に、2位のハミルトンは14周目にピットインし、ピットタイミングを遅らせられるフェルスタッペンはすんなり首位へ浮上することができた。

その後、ハードタイヤからミディアム、ハードと履き替えたフェルスタッペンは順調に周回を重ね、最終的には2位のハミルトンに11秒以上の大差をつけてフィニッシュ。レッドブル・ホンダに今季初勝利をもたらした。

フェルスタッペン


タイヤに優しいレッドブル・ホンダに期待!


結果的にはレッドブル&フェルスタッペンの作戦勝ちともいえる今回のGPだが、ひとつ新たな発見もあった。それは、あれだけ圧倒的な速さを見せていたメルセデス勢が、ハードタイヤではレッドブルに追いつけなかったことだ。

マシンとの相性があるのだろうが、ミディアムやソフトでの圧倒ぶりを見ると、ハードタイヤと今季のメルセデスのマシンはそれほど相性がよくないのかもしれない。少なくとも、レッドブルのマシンのほうがハードタイヤでは速いようだ。

Redbull

今後も気温と路面温度が高い夏のレースが続くことを考えると、タイヤに優しいレッドブル・ホンダの勝利のチャンスは増えるだろう。個人的にはメルセデス勢のあまりの無双っぷりに、昨シーズン以上につまらない年になるのではと懸念していたのだが、今回のレース結果でそれもわからなくなってきた。

レッドブルvsメルセデスの戦いに、今シーズンも目が離せなくなってきた。

Redbull

<写真=Redbull>



RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING