2020/07/14 モータースポーツ

F1史上、稀に見る名レース!ウエットでごぼう抜きを見せたセナ…1993年の記憶【連載第10回:熱田護のF1勝手に片思い】


1993年、第4戦ヨーロッパGP。イギリスのドニントンパークで行われました。

ウイリアムズの圧倒的なスピードは前年から維持したまま、エースのアラン・プロスト選手が4度目のチャンピオン獲得。

しかしこのドニントンパークのようなウエット路面となると、アイルトン・セナ選手の大活躍が見られたのです!

マシンの優劣が大きくものを言うモータースポーツで、ドライバーの腕で勝利を手にする場面に出会えるとワクワクが止まりません!

セナ選手は予選4番手からのスタート。予選タイムはポールポジションのプロスト選手から、なんと1.649秒差。

大差です。

普通にドライのレースになれば、誰もウイリアムズにはついていくこともできません。

ウエットでスタートしたオープニングラップで、セナ選手はトップに立ちます!

途中路面は乾き始めたもののまたウエットになるという、典型的なブリティッシュウエザー。

性能が劣るマシンで、ごぼう抜きというF1史上でも稀に見る名レースとなりました!


寒くて、表彰式の頃は真っ暗でした。

セナ選手は2位のデーモン・ヒル選手に1分23秒の大差をつけて優勝。

プロスト選手は3位、なんと1周遅れてのゴール。

個人的には痛快極まるレースでした。


この年のマクラーレンは、フォードV8エンジン。


マクラーレンMP4/8。

非力ではあったけれど、結果的にいいレースを戦ったマシンです。


セナ選手は、ウイリアムズに移籍することを前提に1993年を戦い続けました。

結果的には5回優勝してランキング2位を獲得しています。


プロスト選手は7勝を挙げてチャンピオン獲得し、引退。

前年のマンセル選手もチャンピオンを獲得してインディーに転向。

そして、マイケル・シューマッハ選手がメキメキと注目を集め始めます。


ジャン・アレジ選手はランキング6位。

表彰台2回だけという成績。

V12で存在感は抜群でしたが、速さはなかった。


ベネトンチーム、リカルド・パトレーゼ選手。

250GPのお祝いのパーティーです。左はチェザリス選手、右のポロシャツはマルティニ選手。イタリア選手つながりですね。

パトレーゼ選手も、この年で引退しました。


日本グランプリのドライバーズミーティング。

なぜこの写真を撮ったのか、記憶にありません。


今では、カメラマンがこの部屋に入ることはできませんし、僕もこれ以降にドライバーズミーティングの写真を撮った記憶がありません。

壇上の一番手前は、FIA会長のマックス・モズレーさん。

選手も皆若いです…当たり前ですけど。

 

次回も1993年が続きます。

〈文&写真=熱田 護〉

熱田 護 Mamoru Atsuta
●F1とともに世界を転戦するフォトグラファー。そのファインダーは極限の世界で巻き起こるドラマを捉え続ける。本誌driverでも「F1 FOCUS」を連載。写真集「500GP」も発売中

RECOMMENDEDおすすめの記事