2021/11/08 新車

マツダCX-5が大幅改良。アウトドア派にもスポーティ指向にも応える特別仕様車を追加



CX-5

アウトドアシーンに似合う「フィールドジャーニー」

特別仕様車「フィールドジャーニー」は、オーナーの冒険心をかき立てる最新のアウトドアスポーツギアを思わせるデザインと実用性を重視した仕様。

ベース車は20SプロアクティブもしくはXDプロアクティブで4WDのみに設定。変速機は6速ATだ。

CX-5

エクステリアは、アンダーガード風前後バンパーロアやドアガーニッシュや、ブラック塗装のドアミラーカバーを採用。ダークメタル塗装の17インチアルミホイールにはハイトのある225/65R17サイズのオールシーズンタイヤを装着することで、アウトドアシーンにもマッチするタフな印象を与える。

CX-5

フロントグリルには視認性の高いライムグリーンのアクセントを配しアクティブな印象を高めている。

CX-5

CX-5

インテリアは、フロントグリルのアクセントと同じライムグリーンの加飾をエアコンルーバーやシートステッチに採用。スウェード調シートにはエンボス加工が施され、滑りにくくする機能性とともにSUVらしいタフなイメージを付与。

CX-5

走行性能面では、「Mi-DRIVE」にディーゼルターボ車がオフロードモード、ガソリン車にはスポーツモード/オフロードモードを専用設定。トラクション性能やGVC、急斜面での登坂発進時のアイドリング制御、悪路走行時のAT制御(ガソリン車のみ)をオフロード走行に最適化する。

CX-5

また、荷室のフロアボードは片面に防水加工を施したリバーシブルラゲッジボードの採用するほか、サブトランクボックスも防水加工となる。ぬれたり汚れたりした荷物を気がねなく積み込める。

CX-5

この「フィールドジャーニー」にマッチしたボディカラー「ジルコンサンドメタリック」も新設定。マツダがエンジンブロックなどの鋳造に用いる砂型から着想を得て開発したもので、「ジルコンサンド」とは、酸化ジルコニウムとシリカの化合物。圧縮成形した砂型に光が当たった箇所の滑らかな立体感や陰部分の塊感などの面質を表現しつつ、“自然の中での調和”や“耐久性”を感じさせる色調に仕立てたという。

CX-5

ドライバーWeb編集部