2021/11/08 新車

マツダCX-5が大幅改良。アウトドア派にもスポーティ指向にも応える特別仕様車を追加




CX-5

スポーティな装いに磨きをかけた「スポーツアピアランス」

ひと目見ただけで、ユーザーの情熱や挑戦心を奮い立たせることを目指したスポーティな仕立ての特別仕様車「スポーツアピアランス」。

ベース車は25S LパッケージとXD Lパッケージで、FFもしくは4WDを設定。変速機は6速AT。

CX-5 

上質かつ控えめながら精悍な印象の黒基調にまとめており、情熱的かつスポーツマインドを刺激する赤のアクセントを効かせたデザインに仕立てている。

CX-5

エクステリアはフロントグリルやシグネチャーウイング、バンパー下部、ホイールアーチ、ドア下ガーニッシュ、ドアミラーをグロスブラックで引き締め、専用ブラックメタリック塗装の19インチアルミホイールには225/55R19サイズのタイヤを装着する。

CX-5

また、グリル部のアクセントには初代ロードスターのボディカラーでもあったクラシックレッドをあしらい、マツダの「走る歓び」というDNAが感じられるものとしている。

CX-5

インテリアはブラックレザーシートやステアリング、シフトまわり、ドアトリムに赤ステッチがあしらわれ、走りの気分を盛り上げる。
  
ガソリン車にスポーツモード付きの「Mi-DRIVE」を設定する。


ドライバーWeb編集部