2021/11/08 新車

マツダCX-5が大幅改良。アウトドア派にもスポーティ指向にも応える特別仕様車を追加




CX-5

好評の「エクスクルーシブモード」はさらに上質感を高めた

都市型SUVとしてのCX-5の魅力を高めるべく、上質感豊かに仕立てた特別仕様車が「エクスクルーシブモード」だ。この特別仕様車はCX-5の販売比率のうち約3割を占めるほどの好調ぶりを見せているという。

今回の改良では、魂動デザインによる造形の美しさの追求や、素材にこだわりながら精緻に造り込むことでさらなる特別感を与えている。

ベース車は25S Lパッケージ(6速AT)とXD Lパッケージ(6速ATと6速MT)で、FFもしくは4WDを設定。

CX-5

エクステリアでは前後のバンパーロア部やホイールアーチ、ドアガーニッシュをボディ同色とすることで艶とリフレクションによる造形の美しさを際立たせている。

CX-5

19インチのアルミホイールには高輝度塗装を施すことで、金属の質感を際立たせている。

CX-5

CX-5

インテリアは、前後シートに肌触りがよく滑らかな触感のナッパレザーを採用。インストルメントパネルの中央部や前後ドアのデコレーションパネルには本杢を継続採用するなど、本物の持つ豊かな質感を楽しめる仕立てとしている。

CX-5


CX-5

〈文=ドライバーWeb編集部 写真=佐藤正巳〉

ドライバーWeb編集部