2021/04/30 ニュース

ダイハツ ロッキーにMTを設定!? インドネシアに投入

●ほぼ日本仕様と同じだが

ダイハツは4月30日、コンパクトSUV「ロッキー」のインドネシア市場への投入を発表。現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター社(以下、ADM)から発売を開始した。2021年2月にマレーシア市場に投入したアティバに続く、DNGA海外展開の第二弾である。


●インドネシア仕様のロッキー

ライズ/ロッキーに新たな兄弟車!? ダイハツ「アティバ」とは何者か

この度インドネシアに投入したロッキーは、件のアティバ同様に日本のロッキーがベースだ。トヨタグループの新興国小型車事業の一環として、トヨタへOEM供給を行うとともに、約50カ国への輸出を予定している。生産はダイハツブランド、トヨタブランドともにADMのカラワン車両工場にて行われる。

インドネシア向けのロッキーは、近年都市部を中心に2列シート車のニーズが高まるなか、若年ファミリー層をメインターゲットとした安価な2列シートSUVとして、顧客の選択肢をさらに広げるために投入。日本のロッキーと同じく、SUVらしいアクティブなデザインや小回りの利くコンパクトなサイズ感と広い室内空間の両立、さらにインドネシアでダイハツが発売する商品としては初めて予防安全装備「スマートアシスト」を導入する。

またエンジンは1Lターボ+CVTがメインと日本市場と同じ。だが、日本にはない5速MTとの組み合わせもラインアップしている。そのほか、1.2LのNAエンジンも追加予定とのことだ。



価格は、約2億1400万ルピア〜約2億3600万ルピア(日本円:約160万〜約177万円。1ルピア0.0075円 ※4月29日時点で換算)となっている。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部