2021/04/22 ニュース

ドラッグレースを戦う電気自動車。ホンダeがベースの「e-DRAG」が完成

●ホンダeがドラッグレースに!

2021年1月の東京オートサロンに出展した「e-DRAG」。出展時は開発中とのアナウンスだったが、この度その完成車が公開された。



e-DRAGは、ホンダeがベース。スタートから一直線にゴールをめがけて猛ダッシュし、数秒から数十秒で勝負が決まるドラッグレースで戦うための車両だ。速さのためにまず重要なのは車体の軽さ。



e-DRAGは、鉄に比べて約10倍の強度を持ちながら比重は約1/4というカーボン繊維と、樹脂の複合材であるCFRP製パーツをボディーパネルに多用し、軽量化を図っている。



軽量パーツは、各ピラー、クォーターパネルを除くボディーパネル全面に採用。なかでもフロントまわりはバンパー、フード、フェンダーを一体成形カウルとし、取付構造の簡素化、大幅な軽量化に至っている。またリヤバンパーとテールゲートもCFRP製パネルに。タイヤハウスを切り、インナーフェンダーなど内蔵物も取り除いている。



さらにフロントとサイド、そしてリヤウインドウはガラスからアクリル製に変更。後席も取り外し、さらにフロントシートはKIRKEY製アルミバケットシートに換装されている(競技時には助手席も取り外される予定)。内装材、防振・吸音材も徹底的に剥ぎ取り、トータルでの軽量化に貢献している。



ただ真っ直ぐ走るといっても、そう簡単なことではない。e-DRAGは足まわりにも気を遣い、旧型シビックのサスペンションを参考に直進安定性を高めるワンオフのサスペンションを採用。ロアアームもピロボール式とし、調整幅を持たせている。さらに、モーターが生み出す強力なトルクを余さず推進力に変えるため、車体前後重量バランスの最適化も実施。駆動輪を空転させずに猛然とダッシュできるようにチューニングされている。



タイヤはドラッグレースの世界で定評のあるM&Hレースマスターのドラッグレーシング・スリックタイヤをリヤに装着。ホイールは、そのタイヤに対応できるサイズ、かつ軽量であることから初代NSXがフロント側に採用していた17×7JJ鍛造アルミホイールを使用している。さらにスタートの直前にフロントブレーキをロックし、リヤタイヤを意図的にホイールスピンさせてタイヤ温度を高め、グリップ力を上げるためのラインロックも装備している。

e-DRAGはこのほか、6点式ロールバー、4点式シートベルトを装備。国内のドラッグレースのレギュレーションを考慮した内装の仕立てとしている。

なお実車は、N-ONEをベースとしたヒルクライムマシン「K-CLIMB」とともにHondaウエルカムプラザ青山に展示。期間は4月20〜5月17日(休館期間あり)。



〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部