2021/03/22 モータースポーツ

【激しい雨で大混乱!】新城ラリー2021を、スバルWRX&新井敏弘が制す【JRC 2021 第2戦】

●優勝した新井敏弘/田中直哉組のWRX STI


JRC(全日本ラリー選手権)の開幕戦「新城ラリー2021」は3月21日にデイ2が行われ、スバル チームアライの新井敏弘が総合優勝。2位には同じく新井大輝が入り、WRX STIが1-2フィニッシュを果たした。3位には注目のR5マシン、シュコダ ファビア R5を駆るスリーファイブ モータースポーツの福永 修が入り、今季初戦ポディウムフィニッシュを果たしている。


●総合2位は、新井大輝/小坂典嵩組のチャンピオンコンビが駆るWRX STI

ステージは4本のはずだった


とにかく雨に翻弄された大会となってしまった。前日とは打って変わり朝から雨が降り続く21日の新城市。この日は40mm/hを超える警報級の雨が降る予報ではあったが、それ以上にラリーには大量の雨が大きく影響してしまう結果となってしまった。デイ2は名物の林道ステージ「雁峰」の12kmと、デイ1でも走った超高速ダウンヒル「鬼久保」の2本を2回づつ走る、計4ステージで争われるはずだった。

まず1本目のSS5からトラブルが発生。激しい雨が光電管による計時システムに不具合を生じさせた模様で、ステージタイムの計測が混乱してしまう。クルーによっては、自己計測と1分以上も差が出てしまうこともあるほどで、後々の公式リザルト発表に大きく影響することとなった。

そのSS6では、総合首位を走っていたitzzラリーチームの鎌田卓麻(スバル WRX STI)が、最終コーナーでマシンが横転するほどの大きなアクシデントでストップ。クルーの命に別状はなかったようだが、このアクシデントにより後続の走者には一律のタイムを加算されることになった。そして激しさを増す雨と風の状況を見て、運営側がSS7および8のキャンセルを発表する運びとなった。


●公式通知で知らされる、SSキャンセル


この悪天候は、クルーからも悲鳴にも似たコメントが頻出することとなった。路面コンディションはSS5雁峰のステージ中もひどかったらしいが、もっとひどかったのはSS6鬼久保のほうで、まともにアクセルを踏める状況ではなかったようだ。路面は絶えず雨で覆われ、まるで氷の上を走っているかのようにグリップが感じられないと言うドライバーもいた。そんな状況での高速ダウンヒルなんて、想像しただけでも鳥肌が立つほどだ。


●前日のトラブルから追い上げ、総合3位でフィニッシュした福永 修/斉田美早子組のファビアR5

GRヤリスが今後躍進できるかにも注目!


優勝した新井敏弘は「鬼久保のコンディションは本当にひどかった。まともに走れる状況ではない。後半の2ステージがもしキャンセルされなかったら、選手全員でボイコットしてでもやめるような厳しい状況だった」と振り返る。なお、初日は2位だったクスコレーシングの柳澤宏至(シュコダ ファビア R5)は総合4位で、GRヤリスでJN-1クラス初挑戦だったk-oneレーシングチームの山本悠太はクラス5位でそれぞれ無事フィニッシュ。JN-6クラスのウェルパインモータースポーツ村田康介(GRヤリスRS)は、クラス3位で完走を果たした。


●総合4位でフィニッシュした柳澤宏至/保井隆宏組のファビア R5

わずか2本のSSで終わってしまったデイ2ではあったが、SS5の計時トラブルも重なり最終結果が出たのはその日の夕方となってしまった。最後の最後まで、クルーも運営側も雨に翻弄された新城ラリー2021は、こうして幕を閉じた。

終わってみれば、スバル WRXの1-2フィニッシュ。新参のGRヤリスとファビアR5はWRXに敵わなかったわけだが、これからのJRCを楽しませてくれることは間違いなさそうだ。次戦のJRCは4月9〜11日の唐津。またもターマックラリーとなるが、GRヤリスがどのように進化してくるかがにも注目が集まるだろう。そして、今回は出走していない、奴田原文雄もGRヤリスに乗り換えて参戦することが決まっている。今季のJRCは、例年以上に見逃せそうにない。




<写真=山本佳吾 photo by Keigo Yamamoto 文=ドライバーWeb編集部・青山>


RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING