2021/03/20 モータースポーツ

ワークスGRヤリスが2台ともにデイリタイア。並み居る強豪をおさえ、WRX&鎌田が首位で折り返す【新城ラリー2021デイ1】



シュコダのR5はやっぱり速かったが!?


JRC(全日本ラリー選手権)の初戦、新城ラリー2021が3月20日に開幕。itzzラリーチームの鎌田卓麻(スバル WRX STI)が総合首位で初日デイ1を終えた。

まさに“熟成”が新参者を退けた結果となったデイ1。過去6年間JRCの頂点に君臨し続けるグループNマシン「スバル WRX STI」が、デビューしたての「トヨタ GRヤリス」と、FIA規定のラリーカー「シュコダ ファビア R5」をも上まわる速さを見せた。

2021年も春のターマック初戦として開催された、新城ラリー。愛知県に直前までコロナウイルスによる緊急事態宣言が発令されていたこともあり、20年に続いての無観客開催となった。愛知県・新城市内の林道と両側2車線の国道を使ったステージがクルーを待ち受けるデイ1は、4本のSSで争われる。天候は晴れ時々曇り。路面は完全に乾いたドライターマックがほとんどで、林道内で1日中かげっている箇所が湿っている程度だ。

今季から新たに参戦するGRヤリスとファビアR5の走りに俄然注目が集まったSS1、そのファビアR5を駆るスリーファイブ モータースポーツの福永 修がトップタイムを奪う。そしてその後も勢いは止まらず、福永はSS2と3もステージベスト。2位に8.7秒差をつける快走を見せた。しかし、直後のSS4でリヤサスペンションにトラブルが発生。リヤタイヤのパンクとリヤバンパーの破損も重なり、総合5位にまで後退してしまう。



代わりに首位に立ったのは、つねにWRX勢のトップタイムをマークし福永を追っていた鎌田だった。2019年に行われたセントラル・ラリーの優勝以来、ターマックでの強さが増してきた鎌田は、SS2の3番手タイム以外はSS1,3,4とセカンドベストをマーク。3.6秒の差をつけトップでラリーを折り返した。

2番手に続いたのは、もう1台のファビアR5を駆るクスコレーシングの柳澤宏至。前年までWRXに乗っていた柳澤はこのイベントがファビアでの初ラリーとなったが、そんなことは微塵も感じさせない見事な走りを見せた。



総合3位と4位にはスバル チームアライの2人、新井敏弘、大輝のWRX勢がつける。新井敏弘はタイヤのマッチングが合わず、思うようなタイムが出せなかったようだ。前年チャンピオンの新井大輝は、どうやらエンジン内部に問題が見つかったようで、出力低下のトラブルに見舞われている。このトラブルは簡単に直らないほど深刻なようで、明日のデイ2はこのエンジントラブルを抱えながらの走行となりそうだ。

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING