2021/11/01 新車

ロッキー/トヨタに新開発ハイブリッド追加…軽自動車にも展開!日産e-POWERと似ている!?

●新ハイブリッドのスペックも判明

ダイハツ/トヨタは2021年11月1日、5ナンバーサイズのコンパクトSUV「ロッキー/ライズ」に一部改良を実施した。ロッキーの価格は166万7000〜234万7000円、ライズの価格は170万7000〜232万8000円。

■ハイブリッドのシステム構成は基本的にe-POWERパワーと似ている



改良のハイライトはハイブリッド車の新設定である。新開発のハイブリッドシステム「eスマートハイブリッド」をFF車に搭載した。電気のeとスマート(賢い、機敏な)を組み合わせて、電気の力できびきびと走る良品廉価なハイブリッドであることを表現したネーミングである。ダイハツは1960年代から電気自動車の研究に取り組むなど電動車開発の歴史は長い。こうした知見と、トヨタグループの技術やノウハウを活用し、ダイハツならではのハイブリッドシステムを開発したという。

【画像】見た目も小変更…ハイブリッド車をアピール

メカニズムは、新開発となる1.2L直列3気筒ガソリンエンジンで発電し、その電力を利用してモーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用。エンジンを発電専用とし、リチウムイオン電池に電気を蓄え、100%モーターでの走行となる点など、システムの基本的な構成は日産ノートなどに搭載している「e-POWER」と似ている。ただし、モーターの出力やトルクはノートの85kW(116ps)/280Nm(28.6kgm)に対して、ロッキー/ライズは78kW(106ps)/170Nm(17.3kgm)とやや低めの設定だ。

小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現。発電と充放電を最適に制御することで、コンパクトSUVクラストップレベルの低燃費(28.0㎞/L)と低価格を達成した。また、100%モーターでの走行となるため、レスポンスのよい加速性能が低中速走行に適していて、街乗りでの使用頻度が高いコンパクトカーにうってつけのシステムである。ダイハツによると、このハイブリッドシステムはロッキー/ライズを皮切りに今後、軽自動車にも展開していくとのことである。これによって、目下のダイハツの電動化戦略が見えてきた。

ハイブリッド車には、アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで車速をコントロールできる「スマートペダル」を採用。アクセルからブレーキへの踏み替え操作の頻度が減り、ドライバーの負担を軽減しながら軽快な走りを実現した。出足の力強い加速が特徴のノーマルモードと、燃費指向のエコモードを設定しており、低速時にはクリープ走行を残すことで使い勝手に配慮している。なお、スマートペダルOFFでの走行も可能だ。

ドライバーWeb編集部