2020/11/18 新車

スバル新型BRZ世界初公開!排気量は?ボディサイズは?アイサイト付きも?スペックも判明

希代のボクサーFRが全面刷新!



スバルは11月18日、新型BRZの米国仕様車を世界初公開した。

企画・デザインはトヨタ、開発・生産はスバル。両社の提携によって2012年3月に誕生した初代トヨタ86/BRZから8年。2020年7月に、まずはBRZが注文受付を終了。同年12月には86も終了するといわれ、希代のボクサーFRスポーツはモデルチェンジすることなく”いったん”姿を消すことに…。

この時点ではどちらも新型についての公式なアナウンスはなかったが、次期型の開発は順調に進められていた。



その新型。ティザー写真の公開に続いて今回、そのフルヌードが世界初公開となった。水平対向エンジン搭載車を想起させるロー&ワイドなスタンス、そして駆動する後輪を内包したグラマラスで塊感のあるリヤフェンダーのアイコンを踏襲。まごうことなき2代目BRZである。

【画像ギャラリー】スバル新型BRZの詳細43点!

顔つきは、目元の印象が一変。切れ長で独立した立体感ある先代から、フェンダー周辺との一体感を高めた意匠へ。スバル車のアイデンティティである逆台形の六角形グリルもより低く、ワイドに据えられている。バンパー両サイドには、これも先代とは逆形状のガーニッシュを伴ったエアインテークが備わっている。

フロントフェンダーのデザインも変わった。先代は上部にダミーのエアアウトレットを備えていたが、フロントタイヤ後端に位置を変えた新型は、整流効果を狙ったホンモノを採用。そこからボディサイドに目を移すと、先代が細身に見えるほどの抑揚に目を奪われる。後付けのサイドスカートのように張り出したサイドシルも新たなアイコンだ。



「パッと見のシルエットは先代と変わらないように見えますが、新型のほうが格段にグラマラスです」

とは、すでに現車を目撃した情報筋。真正面から見ると、思いのほかくびれがなかった先代。新型は、これがグッとオトナに成長した。

ちなみに「86とのデザインの違いは?」に関しては明言を避けられた。

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING