2020/09/04 新車

スバルXVが大幅改良。その内容とは

9月4日スバルは、クロスオーバーSUV「XV」の大幅改良モデルを発表。10月8日より発売する。

今回の大幅改良の内容は、下記のとおり。

■エクステリア
フロントバンパーやグリル、そして17&18インチアルミホイールに切削光輝の新デザインを採用。ボディカラーには「プラズマイエロー・パール」を設定することで、スタイリッシュさとSUVらしい力強さを感じさせる仕様とした。



■インテリア
1.6i-L アイサイト、そしてアドバンスのインテリア仕様を変更。カラーコーディネートやシート表皮を見直して、より上質な印象を高めている。


■走行性能
全グレードでサスペンションを改良。SUVらしいしなやかさとスポーティさを高い次元で両立しているという。さらに、e-BOXER搭載車では、SI-DRIVEと強調するアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」を新採用。よりスポーティで楽しい走りをサポートする。


■安全性能
見通しの悪い交差点や、駐車・発進時にドライバーの視界をサポートする「フロントビューモニター」を設定(メーカーオプション)。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部