2020/08/31 新車

トヨタの新SUV、ヤリスクロスが発売。スタート価格は180万円切り!

トヨタは8月31日、新しいコンパクトSUV、ヤリスクロスを発表・発売した。価格は、ガソリン車が179万8000〜244万1000円、ハイブリッド車が228万4000〜281万5000円。駆動方式は、全グレードにFFと4WDを用意。月販目標台数は4100台。生産工場はトヨタ自動車東日本、大衡工場・岩手工場だ。



ちなみに最も安価なガソリン車のX Bパッケージにはトヨタセーフティセンスは設定されていない。



ヤリスクロスは、ヤリスシリーズならではの「軽快な走り」、「先進の安全・安心技術」、「低燃費」を受け継ぎつつ、これからの新しい時代に求められる、利便性にとどまらないコンパクトSUVの新たな価値を追求することを目指し、開発が進められた。




具体的には、ヤリス同様にコンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用。その性能を生かしきるパッケージとし、ヤリスの持つ「凝縮感」に加え、SUVならではの力強さ、存在感を表現したムダなくバランスのよい洗練されたプロポーションを実現した。また、コンパクトSUVでありながら、ユーティリティ性にこだわり抜いた荷室空間は、乗る人のアクティブライプをサポートする。

走行性能においては、街乗りからレジャーまで幅広く活躍する4WDシステムも採用。ガソリン車には、路面状況に応じた走行支援を、3つのモードから選択できるマルチテレインセレクトなど、SUVの走りを堪能できる機能を搭載。ハイブリッド車には、E-Four(電気式4WDシステム)を設定。さらにハイブリッド車はSUVの常識を超えたクラス世界トップレベルの低燃費(FFでWLTCモード30.8km/L)も実現した。

安心・安全技術についても、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Senses」を標準装備(X Bパッケージを除く)。全車速追従機能付きのレーダクルーズコントロール、アダプティブハイビームシステム(AHS)をはじめ、高度運転支援「トヨタチームメイト(アドバンストパーク)」をヤリスに続き採用している。



最大の特徴ともいえる荷室の使い勝手に関してだが、SUVらしい高さを生かし、ユーティリティ性に優れたゆとりあふれる荷室空間が自慢だ。デッキボード下段時にはコンパクトSUVトップクラスの荷室容量390L(FF・ガソリン車)を実現。スーツケース(110L)2個、またはゴルフバッグ(9.5インチ)2個を収納可能(デッキボード下段時)としている。

また、4:2:4分割リヤシート、6:4分割アジャスタブルデッキボードをトヨタのコンパクトSUVとして初採用。荷物の固定にはユーティリティフックとフレックスベルトを組み合わせ、多彩なデッキアレンジが可能となっている。

さらに、ハンズフリーパワーバッグドアの設定もトピック。スマートキー携帯時、リヤバンパーの下に足を出し入れするだけでバッグドアの自動開閉が可能で、これもトヨタコンパクトSUVとして初採用。またトヨタ従来車と比べ、約2倍のスピードで素早く開閉するため、わずらわしさとも無縁だ。

パワートレーンは、1.5Lガソリン、1.5Lハイブリッドともにヤリスと共通。ヤリスと比較すると車重は重くなっているが、ローギヤード化で対応している。

また4WDはハイブリッド、ガソリン車の両方に設定。ハイブリッドは電気式4WDシステムのE-Fourだが、SNOWモードおよび悪路において接地するタイヤに適切な駆動トルクを配分して脱出に役立つTRAILモードも設定。ガソリン4WDは路面状況に応じた走行支援を3つのモードから選択できるマルチテレインセレクトを用意する。



〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部