2018/04/08 ニュース

WRC2018 Rd.04 ツール・ド・コルス Day2

Rd.04 Corsica-Linea Tour de Corse 2018Day2 SS5〜10

トヨタのタナックとラッピがポジションアップ!

デイ2を迎えたツール・ド・コルス。昨日に続いて天候は晴れで、朝の段階で気温は15度まで上がっている。この日は、サービスパークのバスティアから北に飛び出した半島と、バスティアの西側に設けられた3つのステージをそれぞれリピート。計6SSで争われる。SS5と6はラリー2規定で再出走したシトロエンのローブが連続ベスト。SS6のあとには、「昨日のデイリタイヤのあとだからフラストレーションは溜まるよ。でも、仕方のないことだからね。ラリーを楽しんでいるよ」とコメントしている。トヨタ勢はタナックとラッピが調子を上げてきた。両者ともにトップ3のタイムを連発。最終SS10では2人同タイムでステージベストを分け合った。タナックは、ヒュンダイのヌービルをパスし総合2位へ、ラッピは総合4位へポジションを上げて終えた。なお、総合首位はオジェ(フォード)が守っている。もう一台のトヨタ、ラトバラはSS8の左コーナーでコースオフ。そして総合3位を走行していたシトロエンのミークもペースノートの聞き間違いによりオーバースピードでコースオフし、それぞれリタイヤとなった。WRC2で快走を見せていたTGRの新井は、この日のオープニングSS5でコースオフ。リタイヤに追い込まれてしまった。最終日デイ3は、島の東海岸アジャクシオ近郊の2ステージで争われる。SS11はWRCでも最長クラスの55kmの超ロングステージが待ち受ける。トヨタのタナックは逆転できるだろうか?
SS10後 総合タイム1.S・オジェ(フォード)     2h43m07.7s2.O・タナック(トヨタ)     +44.5s3.T・ヌービル(ヒュンダイ)   +44.6s4.E・ラッピ(トヨタ)      +54.9s5.D・ソルド(ヒュンダイ)    +1m46.7s6.E・エヴァンス(フォード)   +1m49.8s
今回はラリーの雰囲気がわかる、ミシュランのオフィシャル動画↓

ラトバラとミークの壮絶なクラッシュシーンです↓

RECOMMENDEDおすすめの記事