2018/02/17 ニュース

WRC2018 Rd.02 ラリー・スウェーデン Day2

Rd.2 Rally Sweden 2018Day2 SS2~8

雪に翻弄され、波乱の展開に

本格的なステージが始まるデイ2。3つのSSを午前と午後にそれぞれ走り、最後にサービスパークの置かれるトーシュビューのショートステージで締めくくる計7本、SS走行距離140kmで争われる。暖冬で雪の少なかった昨今では稀に見る、オールスノーコンディション。完全に雪に覆われた路面にはパウダースノーが乗り、出走順が早ければ早いほど路面の雪かき役となってしまう。この日の出走順はチャンピオンシップのランキング順だ。オジェ(フォード)を先頭に、タナック、ラトバラのトヨタ勢、ミーク(シトロエン)、ヌービル(ヒュンダイ)、エヴァンス(フォード)、ラッピ(トヨタ)、ミケルセン(ヒュンダイ)の順にスタートした。案の定、先頭スタートのオジェはタイムが伸びない。新雪に行く手を阻まれ、午前のループを終えた時点で総合11位まで順位を落としてしまった。タイムが伸びなかったのはタナックとラトバラのトヨタ勢も同様で、それぞれ8位と9位でこの日を終えている。好調だったのが後方スタートのヒュンダイ勢。ヌービルがSS3でトップに立つとそのまま首位をキープ。ミケルセンとパッドンのチームメイト2人がこれに続き、ヒュンダイ勢が1-2-3体制でデイ2を終えた。WRC2クラスでは、なんと若武者の1人勝田貴元がなみいる強豪をおさえて首位に立った。新井はスロットルにトラブルを抱えクラス8位でデイ2を終えている。
SS8後 総合タイム1.T・ヌービル(ヒュンダイ)   1h16m13.1s2.A・ミケルセン(ヒュンダイ)  +4.9s3.H・パッドン(ヒュンダイ)   +12.1s4.C・ブリーン(シトロエン)   +12.6s5.M・オストベルグ(シトロエン) +13.2s6.T・スニネン(Mスポーツ)   +29.6s 



「タカモトカツタ」とナレーターが言っています!

 

RECOMMENDEDおすすめの記事