2021/08/02 ニュース

新型ランドクルーザーに異例の誓約書。輸出及び転売目的を防ぐために…納期が大変なことに!

●新型ランドクルーザーZX

8月2日についに発表・発売となった新型ランドクルーザー300系。約1カ月ほど前から予約受注を開始していたが、どうやら大変な人気となっているようだ。販売店などの情報によれば、「受注台数は2万台近くに到達、今から注文しても納期は4年先になる可能性も」とのこと。

「人気」といっても、手放しでは喜べない状況にある。どうやら、昨今問題になっている「転売ヤー」による発注が目立っているらしい。納車後すぐに買取専門店などに売却、もしくは海外への輸出が目的…つまり購入者本人が愛車として使う以外の注文が多いというのだ。

そこで各販売店は、注文者に対する誓約書を作成。新型ランドクルーザーにまつわる取引が「輸出」及び「転売目的」での購入でないことを確認しているという。具体的な確認事項として、下記4点を挙げている。

①私は、注文した車両を輸出及び、転売(最終需要者が未確定)はいたしません
②貴社から注文に応じることが出来ないと判断され、注文の撤回を受けた場合、異議のないものとします
③私は①号を違えた場合は、その発覚後貴社から今後の取引を停止される可能性があることを承知します
④私が注文した車両について、古物営業法および車庫法に違反しないことを確認し、各種法令を遵守いたします

もっとも危惧されるのは外為法に抵触するリスク、輸出先によってはグローバルでの安全を脅かす大きな問題に繋がる恐れ…つまり国際テロ組織などに流されてしまう場合だ。

とある注文者によれば、「買取店などに売却した場合、その売却先との取引を証明する書類などを提出してほしい」と販売店に言われているらしい。つまり、最終需要者が誰なのかを確認するためだ。

現在、トヨタのホームページでは新型ランドクルーザーの納期に関して下記のように知らせている。

◇◇◇

〈新型ランドクルーザー〉納期目処に関するご案内

弊社車両をご検討、ご注文いただき、誠にありがとうございます。
2021年8月2日に発表した新型ランドクルーザーにつきまして、ご注文をいただいてからお届けするのに多大な時間を要する見通しとなっておりますことを、心よりお詫び申し上げます。
8月2日以降にご注文をいただく場合の納期は、1年以上となる見込みです。
弊社といたしましては、少しでもお客様への納期を短縮できるよう、取組みを検討して参りますので、何卒、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
※上記は8月2日時点の見通しとなります。今後の生産状況によって変更となる可能性がございますので、ご了承ください。

◇◇◇

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部