2021/02/15 コラム

えっ! 小さいプレートに「富士山」ナンバー? 「昔のナンバーに新たな地名」なワケ

とあるサービスエリアで、こんなクルマを発見した。1972~76年の間に生産されたL50型のキャリイトラック…。

2スト特有の音をたててサービスエリアにやってきたので、「バイクが来たのかと思った~」などと朗らかに近づいてみると、あることに気がついた。



この画像で不思議に思う部分。そう、ナンバープレートのサイズが小さく、地名が「富士山」なのだ。



ナンバーの仕様が昔のままなので、購入時からそのまま乗っているんだなあと騙されてはいけない。プレートは古いのに、地名の表示が比較的新しい「富士山」なのだ。

しかし、プレートサイズも小さく富士山ナンバーって本当にアリなの? そこのところを、軽自動車検査協会事務所に聞いてみた。するとこんな返事が返ってきた。

発売当時360ccだったクルマは、縦125mm×横230mmの小さなプレート(通称:小板プレート)を装着している。軽自動車が小板プレートからいわゆる今の中板プレート(縦165mm✕横330mm)になったのは、1975年1月1日。それ以前に登録された車両は、名義変更などで数字が変わっても小板ナンバーのままでOKだというのだ。

なのでもちろん、地名が当時から変わってもプレートのサイズはそのまま。名義変更などでナンバーの数字部分はもちろん変わるが、上部の「種類および用途による分類」を表す数字も変わらないままだ(写真のプレート「66」は貨物の四輪の意/1974年12月31日までに登録された車両に採用)。ただ、地名に関しては新しいほうを表示しなければならない。

だから、小さなナンバープレートに、新しい地名が表示されているのだ。

というわけでこのキャリイトラックのオーナー(小泉さん)に突撃取材してみたところ、小泉さんで3オーナー目。先日車検を通したばかりだと言う。

ナンバーと同じくシートベルトも当時のままなので、腰のみを固定する2点式。リヤのナンバープレートは、わざとワックスがけをして昔の雰囲気に近づけた。上部の「SUZUKI」エンブレムは、じつはバイク用のものを使用しているこだわりっぷり。



ポイントは、初代フェアレディZのエッグランプを装着したエンジンまわり。メンテナンスの際に役立つ、趣味人ならではの仕掛けだ。




●お話を伺った小泉和広さん

突撃取材にも関わらず気さくにご対応いただき、ありがとうございます!

〈文=ドライバーWeb編集部 写真=山内潤也〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING