2020/12/03 新車

マツダの旗艦SUV「CX-8」がさらなる高みへ。一部改良で内外装や走りの質感を向上

マツダは2020年12月3日、3列シートのクロスオーバーSUV「CX-8」の商品改良を実施。12月17日より一部グレードを全国のマツダ販売店で発売した。価格は299万4200〜499万9500円。

【画像ギャラリー】マツダ CX-8一部改良でさらなる上質感を手に入れた

CX-8
●XD エクスクルーシブモード(プラチナクォーツメタリック)
 
「CX-8」は、SUV人気が高まるなか、6人もしくは7人が快適に乗車できる3列シートのクロスオーバーSUVとして、2017年12月に発売した。マツダの第6世代商品群に共通する上質感のある洗練された外形デザインや意のままに操れる走りのよさ、優れた静粛性や乗り心地を兼ね備えていることがうけ、国内3列シートSUV市場において販売台数が2018年、2019年と2年連続1位を獲得している。
 
今回、発売開始から3年を経過するのを機に、デザインや利便性をさらに洗練させるとともに、走行性能の向上を図った。

CX-8
●XD エクスクルーシブモード(プラチナクォーツメタリック) 

上位グレードがグッとエレガントに 

具体的には、デザイン面においては、上位グレードの質感向上を図った。従来モデルでは、本革シート仕様のLパッケージを最上位グレードに据えていたが、マツダのフラッグシップSUVである「CX-8」については、さらなる商品力向上のため、エレガントさと上質感を高めた特別仕様車「エクスクルーシブモード」を最上位グレードとしてカタログモデル化した。

CX-8
 
Lパッケージおよびエクスクルーシブモードのフロントグリル形状を、これまでの横桟グリルからブロックメッシュタイプに変更した。Lパッケージはグロスブラック仕上げで、エクスクルーシブモードはガンメタリックを採用したほか、バンパー下部にはガーニッシュを追加。リヤエンドには大型のテールパイプフィニッシャーを装着し、新デザインの10本スポーク19インチアルミホイールを採用するなどして、よりエレガントなイメージを創出する。

CX-8
CX-8
 
ボディカラーには新色のプラチナクォーツメタリックを採用。上質感のあるホワイト系の色合いで、追加料金は必要ない。


CX-8
 
インテリアでは、これまで6人乗り仕様のみだったエクスクルーシブモードは7人乗り仕様(16万5000円安)を追加したほか、上質なナッパレザーを採用したシートカラーにオーバーンを新設定。ピュアホワイトと2色から選べるようになった。シートは交差しない独特なキルティングが施され、ソフトな風合いを際立たせたモダンな作り込みとなっている。

CX-8
CX-8
●ピュアホワイト内装

CX-8
●オーバーン内装

CX-8



このほか、Lパッケージにはブラックとレッド(4万4000円高)のシートカラーを新採用している。

 

快適装備を積極採用 

CX-8

快適性も向上。ハンズフリー機能付きパワーリフトゲートを搭載。荷物で手が塞がっている状況でリヤゲートの開閉を行う際に、バンパー下へ足を抜き差しする動作でパワーゲートの開閉操作が可能だ(プロアクティブ以上に標準装備)。
 
CX-8
●10.25インチのセンターディスプレイ 

センターディスプレイが大型化した点も見逃せない。従来の8インチに代えて、Lパッケージとエクスクルーシブモードには何と10.25インチを搭載。ほかのグレードでも8.8インチを採用し、視認性を向上させている。また、ハードウェアの処理能力を向上させるとともに全信号をデジタル化することで、起動時間の短縮や画質・音質、音声認識性能を高めるなど基本性能が向上した。さらにナビ機能では地図表示を見やすくしたほか、自車位置精度の向上、目的地検索機能などを進化、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応した。

CX-8
 
今回新たに車両通信機能を搭載したことでコネクティッドサービスへも対応する。ただし、マツダ3/CX-30/MX-30に搭載するマツダコネクトに比べ一部機能に制限がある。
 
車両周囲の状況をセンターディスプレイで確認できる360°ビューモニターを全車に標準装備し、安全性を向上させている。

CX-8
 
また、センターコンソールの小物入れスペースにスマートフォンのワイヤレス充電(Qi)機能を設定(Lパッケージ以上に標準、プロアクティブにオプション)。
 
 

ディーゼル、ガソリンともに、さらに一体感ある走りに

人間中心の走る喜びと、クルマとの一体感をさらに高めるため、ディーゼルエンジン搭載車、ガソリンエンジン搭載車ともに進化させた。

CX-8
●スカイアクティブD 2.2
 
まず、2.2Lディーゼルターボエンジンについては、出力を従来の190馬力から200馬力に高めたほか、ペダル踏力を最適化。トルクについてはスペック上の変更はないが3000〜4500回転域の全開トルクを向上させている。これらによって、高速道路への合流や追い越しなどの加速シーンでよりパワフルな走りを感じられるようになった。加えてエンジンとトランスミッションの制御を改善することで、ドライバーの意図に応じた軽快な走りを実現する。
 
ガソリンエンジン搭載車では、2.5L(ターボ除く)および2Lともにエンジン&トランスミッション制御を改善。追い越しや信号発進など素早く加速したいシーンで、ドライバーの意図に応じた軽快な走り感が得られるようになった。
また、スポーツモード選択時に、従来同様の応答のよいダイレクト感のある走りに加え、快適にクルージングできるよう制御を最適化している。
 
CX-8
 
今回改良により、装備面の見直しや走りの質感向上によって商品力を高めた「CX-8」だが、上位グレードを中心にてこ入れを図ったのは、輸入車を中心としたプレミアム系SUVとの対抗措置ともいえる。特にエクスクルーシブモードは内外装とも、これまで以上にエレガントなしつらえとなっており、実際に見劣りしない。
 
「CX-8」の最上級グレードエクスクルーシブモードは、発表同日よりマツダブランドスペース大阪で展示されるから、いち早く現車を確認したいという人は要チェックだ。
 

[マツダブランドスペース大阪 展示概要]

展示車両:CX-8 エクスクルーシブモード
(ボディカラー:プラチナクォーツメタリック 内装色:ピュアホワイト)
 
※入場は予約者優先となる。連絡先:マツダブランドスペース大阪 電話:06-6440-5013 受付時間:10:15〜18:45 定休日除く
 
 
このほか、100周年特別記念車を継続設定し、加えて、スポーティなイメージの専用加飾を施した特別仕様車「ブラックトーンエディション」を設定した。
 
 

[バリエーション&価格]

※は2021年2月発売予定
■:6人乗りの価格、7人乗りは16万5000円安

〈4WD・2.2Lディーゼルターボ・6速AT〉
XD エクスクルーシブモード:499万9500円※■
XD Lパッケージ:461万8900円※
XD プロアクティブ:406万4500円
XD:361万3500円
 
〈4WD・2.5Lガソリンターボ・6速AT〉
25T エクスクルーシブモード:499万9500円※■
 
〈4WD・2.5Lガソリン・6速AT〉
25S Lパッケージ:423万6100円※■
25S プロアクティブ:368万1700円
25S:323万0700円          
 
 
〈FF・2.2Lディーゼルターボ・6速AT〉
XD エクスクルーシブモード:476万3000円※■
XD Lパッケージ:438万2400円※
XD プロアクティブ:382万8000円
XD:337万7000円
 
〈FF・2.5Lガソリンターボ・6速AT〉
25T エクスクルーシブモード:476万3000円※■
 
〈FF・2.5Lガソリン・6速AT〉
25S Lパッケージ:399万9600円※
25S プロアクティブ:344万5200円
25S:299万4200円          
 
 
CX-8の詳細情報(マツダ公式ウェブサイト)

 
 
〈ドライバーWeb編集部〉
 

マツダ
https://www.mazda.co.jp

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING