2020/11/20 新車

N-BOXの顔が変わった!カスタムはナンバープレートが真ん中!12月24日にマイナーチェンジを実施

N-BOXが2020年12月24日のマイナーチェンジを前に、ティザー写真と概要を公開した。


●左が標準系のN-BOXで右がN-BOXカスタム

注目は、2017年8月のフルモデルチェンジ以来初となる化粧直しを実施する点。カスタム系はフロントバンパー&グリルを変更。ヘッドライト中央のガーニッシュ部分もデザインが見直されている。グリルは横基調でシルバー部分を強調した最近のホンダ顔になっている。運転席側にオフセットしているライセンスプレートが、カスタム系だけ中央の位置になったのも新しい。

標準系はグリルが変更され、メッキが追加された。ロアグリルにもシルバーのラインが追加されている。


●カスタム系のターンランプには外側に向かって流れるシーケンシャルタイプを継続採用。新しくなってる?


●カスタム系は助手席インパネガーニッシュやドアオーナメントパネル、ステアリングガーニッシュがピアノブラックになった。ステアリングガーニッシュもピアノブラックに

内装は基本的に変更はないが、パネルなどの色味が変わっている。安全運転支援システムのホンダセンシングは最新版にアップデートされているはずだ。


●カスタム系のシートは、中央のラインがバーガンディ(濃いワインレッド)色からシルバー色に変わったように見える


●標準系はインパネ下部の色がベージュからブラウンに変更された。CVTは「L」レンジが「S」レンジに変更


●標準系のシートは、下の部分の色味が若干濃くなったように見えるが…


●N-BOXカスタム「コーディネートスタイル」

トピックは「コーディネートスタイル」仕様の追加だ。その名のとおり内外装をコーディネートさせて上質感を持たせた新シリーズで、N-BOXに新たな世界観を提供するのが狙い。カスタム系は2トーンのルーフにブラックとシルバーを設定(シルバーはドアミラー上部もシルバー色に)。


●カスタム系のコーディネートスタイルの15インチ専用アルミホイール。ブラック塗装が施されている


●コーディネートスタイル(カスタム系)のリヤ外観。ガーニッシュがブラックメッキになっているように見える。バンパーも形状が変更されているようだ


●コーディネートスタイル(カスタム系)は、よく見るとパネル類が濃いワインレッドのバーガンディ色になっているようだ


●シート中央のラインもバーガンディ色になっている


●シフトノブ、ステアリングのステッチもバーガンディ色でコーディネート


●標準系のコーディネートスタイルは2トーンのルーフ/ドアミラー上部がブラウン色になる


●コーディネートスタイルのブラウン色のドアミラー


●標準系のコーディネートスタイルは、14インチホイールがNワンと共通のシンプルなセンターキャップを採用


●標準系のコーディネートスタイルはパネル類がブロンズ塗装になっているようだ


●標準系のシートをベースに全体がブラウンのカラーになるコーディネートスタイル


●ステアリングガーニッシュ下部がブロンズ塗装だ(標準系のコーディネートスタイル)


●ミッドナイトブルービーム・メタリック(新色)


●プレミアムクリスタルレッド・メタリック&ブラック(新色)


●プレミアムサンライトホワイト・パール(新色)

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING