2020/11/19 カー用品

【最新ドラレコ】スマホで操作可能なWi-Fi機能搭載のフラッグシップ|VREC-DZ700DLC|

●本体はフロントガラスに貼り付けるように装着する独特な形状。表面はマットブラック

カーナビやカーオーディオのブランドとして知られるパイオニア カロッツェリア。昨年からドライブレコーダーのラインアップを強化していたが、今年はさらにそれを充実させてきた。今回は発売されたばかりの最新モデルを中心に主要ドライブレコーダーを徹底紹介する!



スマホでワイヤレスコントロールもできるWi-Fi機能搭載のフラッグシップモデル

VREC-DZ700DLC
価格:オープン


null
●カロッツェリアらしいスタイリッシュなデザイン。背面に2インチディスプレイを搭載する


●リヤカメラはブラケット一体型で、リヤガラスの内側に装着


カロッツェリア単体ドライブレコーダーのフラッグシップ機。フロントガラスに直付けできるスリムな本体に小型のリヤカメラを組み合わせた2ピース仕様で、車両前後の状況を同時に撮影可能。あおり運転や追突による当て逃げにも対応する。

本体内蔵カメラ、リヤカメラのどちらにもSTARVIS技術搭載の200万画素CMOSセンサーを採用し、独自のナイトサイト機能は驚くべき高感度性能を発揮。従来の100分の1以下の光量での撮影を可能とし、ヘッドライトが当たらない路肩部分の状況もはっきりと確認ができる。

また、カメラを室内側へと回転させて駐車監視機能を利用すれば車上荒らし対策も完璧。24時間365日動作し、優れた高感度性能により、夜間の暗い車庫も安心だ。

Wi-Fi機能を標準搭載し、専用アプリ(無料)をインストールしたスマホを使ってワイヤレスコントロールが行える。各種の設定ができるだけでなく、撮影中の映像を確認したり、SDメモリーカードに記録されているデータをダウンロードすることができる。使い勝手も抜群だ。


●本体カメラは回転させて車内撮影ができる。車上荒らし対策にも活躍する


●専用アプリ(iPhone用/Android用)を使ってコントロールが可能。簡単に扱える


●Windowsパソコン向けの専用ビューワーソフトを使えば、Gセンサー情報や地図も見られる


●日中のフロントカメラ映像。対角160°の超広角レンズで広い範囲を一度に捉えられる


●日中のリヤカメラ映像。色付きのプライバシーガラス越しでもクッキリと見える


●STARVISを採用したナイトサイト機能によって夜間も明るく鮮明な映像を実現する

〈文=浜先秀彰 写真=澤田和久〉

■問い合わせ先
0120-944-111
http://carrozzeria.jp/

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING