2020/09/17 新車

広さが自慢の「eKクロス スペース」「eKスペース」に助手席回転&昇降機能を搭載した福祉車「助手席ムービング仕様車」を設定

●写真は標準モデル

架装費用は44万8000円


三菱自動車は9月17日、軽スーパーハイトワゴンの「eKクロス スペース」、「eKスペース」に福祉車「助手席ムービングシート仕様車」を設定。同日より販売を開始した。架装費用は44万8000円(消費税非課税)。参考価格(車両本体価格+専用メーカーオプション価格+架装費用)は、下記のとおり。





三菱自動車は、1991年よりさまざまな車種に福祉車を設定、ハーティーランシリーズとして販売してきた。今回の「助手席ムービング仕様車」は、電動で助手席シートが回転し、スライドダウンするタイプ。車いすと車内の乗り降りの負担を軽減させる。

広さを生かして安定した乗り降りを実現


「eKクロス スペース」と「eKスペース」は、広い室内空間とフロントドア開口部の広さが自慢。頭上空間に余裕があるため、安心した乗り降りを実現。助手席シートの回転時と昇降時に、着座姿勢を支える胸部固定ベルトを装備し、安全性を確保している。また、助手席シート組み込み式のアームレストやフットレストを採用することで、快適性も向上させた。スライドダウンの操作は手元のリモコンスイッチで行える。ラゲッジスペースに車いす固定用ゴムネットも装備し、利便性も高めている。

さらに、メーカーオプション設定の先進安全パッケージや運転席側ハンズフリーオートスライドも標準装備(一部グレードは除く)。回転機能を持つ助手席シートを装着するため、前席はセパレートタイプのシートとなる。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING