2020/08/27 新車

史上初のミッドシップ、右ハンドル。そしてハードトップのコンバーチブルも!新型シボレー コルベットの価格が発表された

●左がコンバーチブル、右がクーペ

8月27日、ゼネラルモーターズ・ジャパンは米国を代表するハイパフォーマンス・スポーツカー、新型シボレー コルベットの価格を発表。また、コルベット史上初のハードトップを採用したコンバーチブルの日本市場導入も併せて公表された。価格は、クーペモデルが1180万〜1400万円、コンバーチブルが1550万円。デリバリーは、2021年5月を予定。

コルベット 新型
●コンバーチブル

コルベット初の右ハンドル車を導入


つねに先端技術の投入と絶え間ない技術革新により進化を遂げてきたコルベットは、2019年7月にアメリカで8世代目となる新型が発表された。初となるミッドシップの駆動レイアウトにより、かつてないパフォーマンスと最上級の操縦性・快適性を実現。日本市場には、コルベットブランドとして初の右ハンドルを導入するほか、クーペモデルには「2LT」および「3LT」の2トリムが用意される。

コルベット史上初のハードトップを採用する「コンバーチブル」も用意


コルベット コンバーチブル

新型シボレー コルベット コンバーチブルは、コルベット史上初となるリトラクタブルハードトップを採用。従来のソフトトップに比べ、より静寂なキャビンとセキュリティの向上、シームレスな格納によるクリーンな外観を実現。走行時でも、48km/hまでならわずか16秒の開閉が可能だ。トップ収納時もゴルフバッグ2個分を搭載可能なトランクスペースも確保し、フロントの収納スペースとあわせてクーペ同等の実用性を維持している。

最新ナビ「クラウドストリーミングナビ」を搭載


GMジャパンがゼンリンデータコムと共同開発した完全通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」を標準搭載。トンネルなどGPSで測位できない環境でも自立航法が可能。最新の地図をつねにストリーミングし、データー更新のわずらさしさから解放される。

コルベット 価格

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部