2021/11/16 ニュース

マツダ北米向けSUV、CX-50を世界初公開。魂動デザインにタフな機能をプラス

●タフさ際立つCX-50

北米マツダは11月16日(現地時間11月15日)、北米向けクロスオーバーSUV、CX-50を世界初公開した。

CX-50は、マツダにとって最重要市場のひとつである米国におけるビジネスを支える新たな基幹車種として開発。SUVらしい存在感やオフロード性能を求める米国のニーズを取り込んでいる。トヨタとの合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing,U.S.A., Inc. (以下、MTMUS)」(米国アラバマ州ハンツビル)にて2022年1月より生産を開始する初のマツダ車となる。

CX-50は、マツダのデザインテーマ、「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のエレガントな上質感と、SUVに求められる力強さとタフな機能性を融合した自然のなかでも際立った存在感を放つクロスオーバーSUV。オフロードでも安心な最低地上高を確保し、またルーフへの積載性や使いやすいパッケージング、パノラマサンルーフを採用するなどアウトドアアクティビティを楽しめる仕様となっている。

エンジンは、ガソリンエンジンの2.5L直4ターボ「スカイアクティブG 2.5T」もしくは「スカイアクティブG 2.5」に全車「i-ACTIVE AWD」を組み合わせた4WDモデルを設定。さらに「MAZDA INTELLIGENT SELECT(マツダ インテリジェント セレクト」によってオンロードでの人馬一体の走りはそのままに、多種多様な路面においても高いコントロール性を発揮。また、数年以内にハイブリッドも追加する予定だ。

マツダのジェフリー・エイチ・ガイトン専務執行役員北米事業統括、マツダモーターオブアメリカ,Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)社長兼CEO は、「CX-50 は、お客さまがアウトドア体験を思う存分楽しんでいただけるようオフロード性能や使い勝手を高めています。そしてアウトドアでの体験をさらに楽しくする、アクティブなライフスタイルにお応えする数々の用品を今後導入していく予定です。そしてCX-50 は、市街地でもしっくりなじむよう、細心の注意を払って設計し、美しく作り上げられたクロスオーバーです。舗装路、砂利道、ダート、雪道であってもマツダらしいドライビング体験をお届けいたします」と説明。

車両詳細については追ってお伝えする。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部