2021/06/08 ニュース

【新型GR86カスタムカー】GR86 HKS コンセプトは早くもスーパーチャージャーをドッキング!

●エアロパーツもHKSオリジナル

6月6日に富士スピードウェイで開催された「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021」。ここでは、まだ発売されていない新型GR86のカスタムカーが多数展示された。

静岡県富士宮市に本社をおくHKS(エッチ・ケー・エス)は、市販車用のターボチャージャーやマフラーの製造などで有名。モータースポーツ活動も積極的だ。

そんなHKSが手がけた「GR86 HKS コンセプト」は、新車が納車されたのち、まず手を入れやすいところから始めるチューニングを意識して開発されている。



目玉は、現行モデルでも人気を博したスーパーチャージャー仕様。さらに「Hi-Power SPEC-L II」マフラーは、極薄のSUS304ステンレス材で超軽量。ステンレスマフラーの価格帯でチタンマフラーに匹敵する軽さを実現している。その重量は純正比で約半分とのことだ。





もちろんエアロパーツも自社で開発。「HKS BODY KIT」としてこれから展開していく。

ちなみに、リヤにはウイングタイプとダックテールタイプのスポイラーが装着されているが、これは展示のため。2種類同時使用による相乗効果を狙ったものではないとのことだ。



【すべての写真を見る】

〈文=ドライバーWeb編集部 写真=高橋 学〉

ドライバーWeb編集部