2021/04/19 ニュース

どう見ても新型ヴェゼルのEV!? 世界初公開の「ホンダ SUV eプロトタイプ」

●どう見ても新型ヴェゼル!

ホンダは4月19日、中国・上海モーターショー2021にて中国初となるホンダブランドの電気自動車(EV)のプロトタイプ「ホンダ SUV eプロトタイプ」を世界初公開した。

ホンダ SUV eプロトタイプは、ホンダのダイナミクス技術をベースに力強くスムーズな加速性能を追求、操る喜びにあふれる走行性能を実現。未来感のあるデザインに加えて、高度な音声認識別インターフェースをベースに「日常とのつながり」、「スマートフォン連携」、「OTA
アップデート」などの先進機能を備えた第3世代ホンダコネクトにより新鮮で楽しさにあふれるモビリティ価値を提供するという。


●ホンダ SUV eプロトタイプ

その見た目は、まもなく発売になる新型ヴェゼルに似通っている。切れ長のヘッドライトや、左右が繋がったリヤコンビランプにその面影が見て取れる。フロントグリルはEVならではのグリルレスデザインだ。


●ホンダ SUV eプロトタイプ

同時に、ブリーズPHEVも初公開。EVのようなフィールやトルクフルな走りを日常奏功のほぼ全領域で実現する2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」(日本ほか地域ではe:HEVと呼ぶ)をベースに、長距離走行においても電欠不安のないEVとハイブリッド車の強みを融合したプラグインハイブリッドだ。広汽ホンダ初となるプラグインハイブリッド車として、2021年の後半に中国での発売を予定している。


●ブリーズPHEV

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事