2021/01/18 カー用品

このクルマは何だ!? プロボックスをレトロにカスタマイズ=ユーロボックス!

商用バンをリノベーション!



その顔を見て、「ああゴルフⅡね」と思った矢先、「いや違うじゃん」と頭が混乱。これまでランドクルーザーやハイエースがベースだったフレックス・リノカの最新作は、なんと日本を代表する商用ボンネットバン、プロボックスがベースなのだ。参考価格は、走行距離5万kmの場合で185万4000円。



リノカとは、リノベーションカーの略。新車や中古車をベースにして、あえて懐かしい雰囲気にリデザインすることで長く愛せる…がコンセプト。というわけで今回のユーロボックス。プロボックスのフロントフェンダーから先を大胆に変更。四角いグリル、丸いヘッドライト…ゴルフⅡをオマージュしたのは明らかで、モデル名の「ユーロ」もそこから。ボンネットの逆プレスは、クラシックに見せるためのこだわりだ。

なぜプロボックスだったのか? これまでランクルやハイエースなど大きなクルマをベースとしていたリノカだが、コンパクトで小回りが利いて、さらに耐久性と積載に優れていて無駄にデザインしていないクルマ…そんな”素材”を求めていたら、「これしかないだろう」とプロボックスに行き着いたという。


●デザイン変更はフロントのみ。ちなみにボディカラーはミニの純正色

プロボックスの機能性はそのままに、キャンプなどのアウトドアでもさりげなく映える見た目に! 急に「オレの相棒」感がマシマシになる不思議さ。この手があったか!とうならされてしまった。

試乗してみると、1.5リットルながらボディが軽く、想像よりもずっと機敏に走れて、プロボックスそのもの(当たり前)。現行プロボックスには1.5リットルのハイブリッドの設定もあるから、燃費だって満足できる仕様をチョイスできるのもうれしい。



中古車はもちろん、新車のプロボックスをユーロボックスにもできる。ぜひフレックスの公式ホームページをのぞいてみてほしい。いろんなプランがアナタを誘う…。

フレックス公式ホームページ
www.flexnet.co.jp/renoca/

画像ギャラリーはこちら

〈文=ドライバーWeb編集部 写真=山内潤也〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING