2020/11/18 ニュース

ホンダ新型シビック セダンを世界初公開。発売は2021年春!タイプRもある!?

シビックシリーズがすべて北米生産に



北米ホンダは11月18日(日本時間)、11代目となる新型シビックのセダンモデルを世界初公開した。北米を中心としたグローバル市場では2021年春にセダンモデルから次期型を投入するとしている。

【画像ギャラリー】ホンダ新型シビック世界初公開

現行型の10代目は2015年に北米で発表。日本に導入されたのは2017年で、セダン、ハッチバック、タイプRをラインアップしていた。セダンは国内生産、ハッチバックとタイプRはイギリス生産。日本市場においては、8月にセダンのみ生産終了。現在はハッチバックとタイプRのみ販売されている。

さて11代目となる新型シビック。鮮やかなオレンジ(ソーラーフレアパール)に目を奪われる一方、その造形はスポーティな路線は外さずとも少しシンプルになった印象を受ける。

内装はイラストのみの公開だったが、こちらもシンプルさが際立っている。ラインの多かった現行型とは方向性が異なる。

なお11代目のシビックは、まず2021年春ごろにセダンモデルから発売。その後、ハッチバック、そしてパフォーマンス重視のSi、究極の高性能モデルとなるタイプRが続くとのこと。

ちなみに11代目シビックからは、ハッチバックもホンダの北米工場で生産されるという。つまり、タイプRも北米産になるはずだ。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING