2020/09/17 新車

【先取り情報】エクリプス クロスにPHEVを追加。デザインも一新、発売は2020年度内を予定

三菱自動車が販売するミドルサイズのクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、PHEVが追加されるようだ。公式ウェブサイトにはイメージ画像がアップされており、まだその全貌は明らかになっていないが、デザインも一新されるようだ。


 
エクリプスクロスは、2017年にデビュー。クーペ的なスポーティさと三菱自慢の車両統合制御システム「S-AWC(スーパーオールホイールコントロール)」を組み合わせた個性派SUVだ。オンロードでの走りもじつにスムーズで乗り心地もよく、さらに悪路走破性も抜群。まさに三菱らしい1台と言えるだろう。
 
改良型のデザインは、クーペSUVらしい流麗さと上質感を高めるべく、フロントとリヤを大胆に変更。渡辺誠二・デザイン本部長は「この新しいデザインは、『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』のエッセンスを用い、従来から持つ力強さやダイナミックさをキープしつつ、クーペSUVらしい流麗さやエレガントさを強化しました。新型『エクリプス クロス』を、新しい三菱デザインのプロローグとして位置づけ、新たなる一歩を踏み出します」と、新デザインの先駆けであることを強調した。
 
そして、アウトランダーに続いて2機種目となるPHEVもラインアップに加わる。PHEVは、外部からの充電が可能なハイブリッドカー。アウトランダーPHEVは、バッテリーに蓄えた電力によるモーター駆動で、57.6kmも走行可能。つまり、こまめに充電できる環境であれば、ガソリンをほとんど消費しないカーライフも可能なのだ。それでいて、長距離移動のときはガソリンエンジンで発電できるから、とても安心。
 
エクリプス クロスとアウトランダーは同じプラットフォームでホイールベースも同一。PHEVシステムは基本を同じとしながら、エクリプス クロスに最適化したセッティングが施されるようだ。デザイン変更は、PHEVシステムを詰め込むために必要だった可能性もある。そして、アウトランダーよりも軽量になれば、満充電からのEV走行距離は60kmくらいまで伸びるかも。このあたりは、あくまで予想だが……。
 
気になる発売時期は2020年度内としている。SUVと電動化は、三菱の得意とするところ。エクリプス クロスのマイナーチェンジを機に、さらに三菱らしさを強調したモデルを連発してほしい!
 
 
e-EVOLUTION CONCEPT
MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT
●高性能な完全電動SUVコンセプトを具現化したプロトタイプで、三菱のクルマづくりの方向性を示唆している
 


現行エクリプスクロス
●現行型のエクリプス クロス。1.5Lターボと、2.2Lディーゼルの2つのパワートレーンを設定。PHEVはアウトランダーと同じ2.4L+前後モーターとなるのか?

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING