2018/08/07 ニュース

ホンダジェット、2018年上半期のデリバリー数がカテゴリートップに! 日本での受注も好調

ホンダの航空機事業子会社のホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company、以下HACI)は2018年8月7日、2018年上半期(1月〜6月)に小型ビジネスジェット機「HondaJet」を17機デリバリーし、小型ジェット機カテゴリーで最多数(※)を達成したと発表。これは2017年上半期と2017年暦年に続き、世界トップの記録となる。
●HondaJet  Elite
また、2018年5月に発表したHondaJetの最新モデル「HondaJet  Elite(エリート)」がグローバルで好評とのこと。2018年6月6日に日本での受注を開始したが、約2カ月で10機を超えるオーダーがあったそうだ。まさに好調な滑り出しである。「HondaJet  Elite」は今月から米国で納入を開始。今後は欧州や中南米、アジアにも順次納入を拡大していく。日本では、2019年前半に型式証明を取得する見込みで、それ以降に納入が開始される予定だ。
※:General Aviation Manufacturers Association(GAMA)調べ
 今回の発表に際して、HACIの藤野道格社長は、「昨年に続いてデリバリー数で世界トップを達成でき、たいへんうれしく思います。新型HondaJet  Eliteは、今年5月以降、日本を始め世界各国から非常に高い評価をいただいております。今回のHondaJet  Eliteの納入開始は、ひとつのマイルストーンとしてこれまで以上にわれわれがビジネスジェット業界の最前線に立ち新しいスタンダードを確立していこうとする強い意志を示すものです。今後もグローバルでより多くの方々にHondaJetとHondaJet  Eliteをお届けし、お客様の生活の可能性をさらに広げていきたいと思います」とコメントしている。 
ホンダhttp://www.honda.co.jpホンダジェットhttp://www.honda.co.jp/jet/  

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING