2021/11/10 動画

【動画】これは売れるEVだ…トヨタbZ4X実車見聞!テスラとは違うのだよ?【藤トモCHECK】

●開発主査の井戸大介さんとモータージャーナリスト藤島知子

2022年央より世界各地で発売されるトヨタの新しい電気自動車(BEV)、bX4Xの実車(プロトタイプ)に触れる機会を得た。

bZ4Xは、スバルと共同開発したEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用。ボディサイズは全長4690mm×全幅1860mm×全高1650(アンテナ含む)とRAV4などと同じミディアムクラスSUVのサイズ感。それでいてホイールベースは2850mmと長くDセグメントセダン並みの室内長も特徴で、前後シート間距離は1000mmを確保した。

その航続距離は、1モーター(前輪駆動)モデルで約500km、2モーター(4WD)モデルで約460kmと公表されている。

今回はプロトタイプ、とのことで走らせることはできなかったが、写真や映像で見るよりグッと現実的で、「これは売れるな」と思わせる完成度。フロントフェンダーの大部分は素地で、SUVらしさをこれでもかと主張。それでいてボディ全体は薄く、伸びやかな印象だった。

操縦桿のようなステアリングにはステアバイワイヤシステムを組み合わせることでも話題のbZ4X。しかし、どうやら日本にはまず普通の丸型ステアリングから導入される模様。ステアバイワイヤ搭載モデルが日本に登場するのは、2023年か?

スバル版は、ソルテラとの車名で発売される。スバルの4WD制御システム「X-MODE」も採用するなど、BEVでありながら悪路走破性にも自身を持っている。

ドライバーWeb編集部