2021/10/29 カー用品

オートウェイ専売。日本初上陸の英国ブランド「ダヴァンティ」の冬用タイヤ「ウィントゥーラ」。フィンランドでテストを敢行

英国のタイヤメーカー、ダヴァンティが手がけるスタッドレスタイヤが日本初上陸。厳しいテストをクリアした安心感、そして魅力的な価格設定が売りだ。

DAVANTI_WINTOURA
DAVANTI
WINTOURA
ダヴァンティ ウィントゥーラ


DAVANTI_WINTOURA

徹底テストで信頼性を確保

初めてその名を聞く人も多いかもしれないが、ダヴァンティはイギリスに本拠地を置き、夏用、冬用とさまざまなタイヤを開発・製造しているタイヤメーカー。ここ日本ではオートウェイが2019年から取り扱いを開始しており、今回紹介するスタッドレスタイヤ「ウィントゥーラ」シリーズは昨シーズンから販売。ダヴァンティとして日本国内に初めて投入したスタッドレスタイヤだ。

ラインアップは3種類。ベーシック&ミニバン向けのウィントゥーラ、ハイパフォーマンスカーに対応するウィントゥーラ プラス、そして昨今人気のSUVをフォローするウィントゥーラSUVの3つを用意した。

速度記号は国産スタッドレス(ほぼQ=160km/h)より高めのH(210km/h)やV(240km/h)と欧州ブランドらしい。ドライ路面での安定性はもちろん、乗り心地や低燃費性能も自慢とのことだ。

気になる雪道性能だが、極寒の地フィンランドにおける厳しいテストにも耐える雪道性能を確保。YouTubeで紹介動画を確認するかぎり、滑りやすそうな路面でもアグレッシブな走りを披露している。

テストは、自動車用タイヤの検査官として有名なレイ・コリアー氏が率いる英国の自動車試験機関「TREAD」によって行われる。性能・品質などを確立するため、過酷な条件でのテストに取り組んでいるのだ。

それでいて価格設定も魅力。ウィントゥーラの215/60R17サイズで、1本7990円で販売している(送料無料。沖縄、離島のぞく)。


[ダヴァンティ ウィントゥーラ ラインアップ]

DAVANTI_WINTOURA
ベーシック&ミニバン向け

WINTOURA

■サイズ・価格(1本):215/60R17 96H(7990円)

冬のさまざまな路面状況に対応するベーシッック&ミニバン用スタッドレス。メインとなる2本の縦溝とそこからV字を描く横溝を組み合わせて排水性に配慮。サイプはジグザグに配置され、氷上・雪上ともに優れたグリップ力とトラクション性能を発揮する。ブロックはエッジに角度がついており、さらにピッチサイズを均等にしないことでロードノイズも低減している。

 

DAVANTI_WINTOURA+
セダン・スポーツカー向け

WINTOURA+

■サイズ・価格:215/45R17 91V XL(7590円)〜245/40R18 97V XL(1万1590円)

ウィントゥーラシリーズで唯一、左右非対称パターンを採用。アウト側ブロックの剛性を高め、ドライ路面でも優れた乗り心地や走行安定性を発揮する。2本のリブパターンはピッチを変えて配置するなど静粛性にも配慮、コーナリング時の安定感も生み出す。接地形状を安定させる3Dサイプも特徴で、氷上や雪上などあらゆる路面状況で高いブレーキ性能を発揮する。

 

DAVANTI_WINTOURA SUV
SUV向け

WINTOURA SUV

■サイズ・価格:215/70R16 104H XL(8790円)〜225/55R18 102V XL(1万1990円)

SUV用スタッドレスもラインアップ。メインとなる2本の縦溝はジグザグ形状で、横溝と3Dサイプを組み合わせることで排水性に加え氷上・雪上ともに力強いグリップ力を発揮。タイヤが均等に摩耗するよう、トレッド中央部には縦溝を入れずライフ性能にも配慮している。車重の重いSUVに適合させるため、専用チューニングを施し、サイドウォールの剛性を向上させた

 

ドライバーWeb編集部