2020/05/26 新車

STIスポーツの完成形。WRX S4にSTI製パーツをふんだんに盛り込んだ「STIスポーツ#」がデビュー!500台限定

■大人なスポーツセダン!

スバルは5月26日、スポーツセダン「WRX S4」に500台限定の「STIスポーツ#(シャープ)」を設定、先行予約を開始した(10月22日までの期間限定。500台に到達した時点で終了。抽選は実施しない)。発表は7月6日、発売は8月20日。価格は474万1000円。持ち込み登録車両となっている。


●大型フロントアンダースポイラー(艶ありブラック)、フロントグリルはダークグレイシリカ塗装、18インチ×8.5Jアルミホイール(ブラック塗装)をおごる

WRX S4 STIスポーツ#は、WRX STIをベースとしたS208やEJ20ファイナルエディションで好評だったエアロパーツを採用。ブラックパーツを用いることで、引き締まった精悍なスタイルが特徴だ。


●リヤバンパーはエアアウトレットグリル付き

インテリアは、ブラック&シルバーのモノトーンでコーディネート。しっとりした肌触りのウルトラスエードを用いた専用アイテムを採用するなど、洗練された大人のスポーティさを表現している。


①RECAROフロントシート(ウルトラスエード/本革、ブラック、シルバーステッチ+STIロゴ入り&リヤシート (ウルトラスエード/本革、ブラック、シルバーステッチ) ②フロントコンソール(ブラックレザー調素材巻+シルバーステッチ

③ドアトリム&ドアアームレスト(ウルトラスエード、ブラック、シルバーステッチ) ④ウルトラスエード 巻ステアリングホイール(シルバーステッチ) ⑤本革巻シフトレバー&シフトブーツ(シルバーステッチ) ⑥スライド機構付コンソールリッド(ウルトラスエード、ブラック、シルバーステッチ)

■エンジントルクを強化すべくSTIパーツを盛り込む


●STI製低圧損エアクリーナーエレメント

●STI製低背圧パフォーマンスマフラー(STI ロゴ入り)&エキゾーストパイプ リヤ

注目は、エンジントルクの強化だ。STI製パーツの採用などにより、レスポンス・冷却性能を向上。よりスポーティな走りを楽しめる仕様としている。具体的には、エアクリーナーエレメントとマフラーにSTI製パーツを盛り込み、通気抵抗を低減。加速中のエンジントルクを最大で約10%向上(STI実験値)。アクセル操作に対するレスポンスが向上したことで、追い越し時などの加速の気持ちのよさが高まっている。


●CVTオイルクーラー&ラジエーターファン強化タイプ

また、CVTオイルクーラーと強化タイプのラジエーターファンを採用。パワートレーンの冷却性能を強化することで、スポーツ走行時の熱によるトラブルを防ぎ、動力性能を存分に引き出すことが可能だ。


■リヤのドロースティフナーも採用


●STI製フレキシブルドロースティフナー リヤ(STIロゴ付)&STI製フレキシブルドロースティフナーリヤガード

さらにフレキシブルパーツによる運動性能強化もトピック。WRX向けとして国内初となる「STI製フレキブルドロースティフナーリヤ」を採用(北米向けS209に投入済み)。フレキシブルタワーバーの専用チューニングなどにより、ハンドリング性能を大幅に向上させ、「運転が上手くなるクルマ」に仕上げられているという。

WRX S4 STIスポーツ#のコンセプト「よりシャープな大人のスポーツセダン」にふさわしい、余裕を持ったドライビングが楽しめるようなセッティングとするため、3点のフレキシブルパーツを採用。国内スバル車として初採用となるリヤのフレキシブルドロースティフナーは、車体に加わる力の伝達をスムーズにするとともにリヤタイヤの接地性を高めることで、クルマとのさらなる一体感を味わえる。さらに路面からの入力をいなすことで乗り心地の向上にも寄与している。


●STI製フレキシブルタワーバーフロント( STI Sport♯ロゴ付)

また、フレキシブルタワーバーでは、STIスポーツ#における性能バランスを取るためのチューニングを行い、ブラケット形状を変更している。


●STI製フレキシブルドロースティフナー フロント(STIロゴ付)


■吸音材・制振材追加で静粛性も強化


ベースとなったのはSTIスポーツ アイサイト(416万9000円)。STIスポーツ#は、ベースから57万2000円高となっている。

〈文=driver@web編集部〉

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING