2020/02/13 イベント

【本当に求めている“ここちよさ”がわかる!!】ホンダ、体験型イベント「ここちよさ展」をウエルカムプラザ青山で開催

※新型コロナウイルス感染症の国内発生状況を踏まえ、来館者や関係者の安全・安心面を最優先に考慮し、2020年2月28日(金)で終了となりました


ホンダは2020年2月13日(木)〜3月14日(土)の期間、ホンダ青山ビル1階のパブリックスペースで1月18日にリニューアルオープンした「ホンダ ウエルカムプラザ青山」(東京都港区)にて「ここちよさ展」を開催する。


「ここちよさ展」は「ここちよさって、なんだろう?」をテーマに、ふだんの生活で無意識のうちに感じている「潜在的なここちよさ」を、五感の体験コンテンツを通して感じるイベント。視覚・聴覚・嗅覚・触覚の各ブースに多種多様な写真や音、香り、素材が用意される。音を聴いたり、素材に触れたりしながら、自分にとって「ここちよいもの」を探して選択すると、それを基に、潜在的に感じている気分の発見や、ここちよい暮らしのヒントやアイテムなどを提案してくれる。ちなみにここちよく感じたものの選択の組み合わせはおよそ一億通りにもなるという。


●「ここちよさ」を追求して開発されたフィット。体感イベントは、潜在的なここちよさを五感で探る

ホンダはこれまで、商品や技術を開発するにあたって、人の研究を重視してきた。そのなかで、数字では表せない人間が持つ感性価値を追求。「ここちよさ」というキーワードにたどり着いたという。そして「ここちよさ」をコンセプトに開発され、2月14日に発売する新型フィットも会場内に展示される。

「ここちよさ展」特設ウェブサイト
https://www.honda.co.jp/welcome-plaza/contents/event/2020/kokochiyosaten/



「ここちよさ展」体感のポイント

さて、実際このイベントでどのようなことをするのか? 実際に体験してみた。


●受付で体験シートを受け取る

体験の流れはというと、まずは受け付けにて体験シートを受け取る。


●体験シートには心地よさを探る各ブースで”いちばんここちよいと感じたもの”と”2番目にここちよいと感じたもの”を記入していく

●「ここちよい音」を探る。5つの囲いの頭上にある超指向性スピーカーからそれぞれ違った音が流れる

●「ここちよい香り」では、10個の瓶の中に閉じ込められた香りから2つ選択。嗅いでいくうちに混ざった香りをリセットする、お口直しならぬお鼻直し(?)のコーヒー豆がある

次に聴覚、視覚、嗅覚、触覚の各ブースを体験して“もっともここちよさを感じたもの”と“2番目にここちよさを感じたもの”を選択。


●体験シートに記入した結果から、ここちよい暮らしのヒントやアイテムなどを提案してくれ、新型フィットのグレードになぞらえた図柄入りのコースター、紙コップが手渡される

●新型フィットに採用する4つの”ここちよさ”がわかるシート(写真の左側)。裏には、ここちよい暮らしのヒントなどの提案が記載されている

これを体験シートに記入して受け付けに持っていくと、選択結果から体験者が「潜在的に感じている今の気分」を発見し、暮らしのヒントやアイテムなどを提案してくれるのだ。


●もらったコースターに描かれたイラストが、今の気持ちから導き出されたオススメのドリンクとなっている。ここちよい味わいは1人1回限り

ここまできて、「五感なのにひとつ足りないじゃん!」と、もんもんとしていた人もご安心あれ。五感のうちで足りなかった味覚として、五感のうち4つを体験して導き出されたお薦めの「ここちよい味わい」の飲み物がもらえるのだ。


●施設内のカフェ「マイルズホンダカフェ」では、世界各国のF1開催地にちなんだサンドイッチやオリジナルコーヒーなどを提供

●会場内でくつろぎながら、展示された新型フィットのここちよさを確かめられる

●ホンダのクルマやバイクのディスプレイモデルも販売

●ホンダオリジナルグッズも買える。ウエアやステーショナリーなどなど多彩なアイテムのなかに、ホンダの各工場で金曜日に出されるというオリジナルレトルトカレーも!! おみやげにいかが?

これですべての五感を探る体験は終了。あとはカフェ「マイルズホンダカフェ」の、世界各国のF1開催地にちなんだサンドイッチや、ホンダ青山ビルの地下にあるカナダ産ヒバの大樽で貯水し、カルキ臭を抑えた“宗一郎の水”を使用したコーヒーを味わいながら、新しくなったホンダウエルカムプラザ青山でゆっくりくつろぐもよし、展示されている新型フィットをじっくりと検分するもよし、と憩いのひとときを過ごせる。


●施設内のテーブルにはポータブル蓄電池「LiB-AID E500」が置いてあり、スマートフォンの充電などもできる。フリーWi-Fiも提供

「ここちよさ展」で体験をすれば、きっと今まで気にしなかった「ここちよさ」が、とても気になってしまうかもしれない。老若男女問わず、親子でも、カップルでも、もちろん1人でも楽しめるから、ぜひ自分だけの“ここちよさ”を発見してみてはいかがだろう。


参考までに、五感の各ブースの仕掛けちょっとだけを紹介しよう。


●聴覚:ここちよい音

聴覚:ここちよい音

ブースの頭上に設置された指向性スピーカーから、国内や海外で採集された音が流れる。目を閉じて、耳を澄ませ、“ここちよい音”を選択しよう。
選択肢は「屋久島のせせらぎ」や「朝霧高原の朝」など5種類。サウンドヒーリング協会が監修している。


●視覚:ここちよい写真

視覚:ここちよい写真

ホンダの「人研究」でも行った、写真選択による感性価値研究。その体験版として、シーンや構図が異なる25枚の写真が掲出されている。じっくりと見て、“ここちよい写真”を選択しよう。選択肢は「星空とテント」、「海辺のハンモック」など25種類。


●嗅覚:ここちよい香り

嗅覚:ここちよい香り

円形テーブルに並べられた10本の瓶のフタを開けると、柑橘やひのき、ハーブなど、さまざまな香りがふわりと漂う。そのなかから“ここちよい香り”を選択する。
選択肢は「フルーツとライム」、「もみの木とお香」など10種類。監修:生活の木


●触覚:ここちよい肌触り

触覚:ここちよい肌触り

デニム、シリコンゴム、和紙など、10種類のさまざまな素材を手で触れ、指先でその感触を確かめたりしながら“ここちよい肌触り”を選択する。
選択肢は「デニム」、「シリコンゴム」など10種類。


●味覚:ここちよい味わい

味覚:ここちよい味わい

聴覚、視覚、嗅覚、触覚の選択結果から、今の気分を診断する。その気分にぴったりの“ここちよい飲み物(各種ジュース、フレーバーティーなど)”が、味わえる。



[「ここちよさ展」開催概要]

■開催期間:2020年2月13日(木)〜3月14日(土)〈2月28日(金)で終了と変更になりました〉
■開催時間:10:00〜18:00 ※営業時間は状況により変更となる可能性がある
■会場:ホンダ ウエルカムプラザ青山(東京都港区南青山2-1-1 ホンダ青山ビル1階)
■アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目」駅5番出口すぐ
■入場料:無料
*人数制限により入場待ちとなる可能性もある。

〈文と写真=driver@web編集部〉

※2020年2月28日に開催期間変更の追記をしました


ホンダ
https://www.honda.co.jp/

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING