2020/01/03 ニュース

箱根駅伝で新型ヤリスが走った!その役目とは?

2019年、すなわち前回の箱根駅伝。初優勝を飾った東海大学のニュースの裏で一部のクルマファンをざわつかせたのが「センチュリーGRMN」の存在だ。


●昨年、突如現れたセンチュリーGRMN

2020年の箱根駅伝はどんなクルマが登場するのか、選手を応援する傍ら早速撮影してきた。とはいえ、昨年ほどのインパクトはなく、今年もメインはセンチュリーGRMNかな、などと思いつつ沿道で先頭集団を待ち受けていたら現れた……

今年の2月10日に発売が予定されているヤリスだ!


●「豊田」ナンバーのヤリス

「広報車」とラッピングされたヤリスは、『今から選手たちが来るので、熱い応援をお願いします!』といった前座的なアナウンス流しながら颯爽と目の前を通り過ぎていった。


●ブラック×コーラルクリスタルシャインの2トーンカラー、バックドアにはトヨタが力を入れる新設定の“E-Four”(4WD)のエンブレム

もちろん、センチュリーGRMNは今年も箱根駅伝の大会本部車として活躍!


●ナンバーは2019年大会と同じ。どうやら同じ車両のようだ

〈文&写真=driver編集部〉

RECOMMENDEDおすすめの記事